トーナメントモードに関するあれこれ

 ここではMJ5EVOで追加された新モード「トーナメントモード」に関連する様々な事柄を解説している。
 

トーナメントモードとは?
 トーナメントモードはMJ5EVOから追加された新モードで、6人のプレイヤーが2組に分かれて三人打ち3試合を戦い、総得点が多いプレイヤーから順位をつけるというもの。2試合目までに上位3名に入れば上位卓に進出し、宝箱が獲得できる。段位は完全無差別にエントリーされるので、カード作成直後の新規プレイヤーvs全国1位のガチ対決が見られる可能性がある事、変則ルールとは言え、必ず3試合をプレイできる事が大きな特徴。副次的な面として、時間制限と局数制限がある為、1セットのプレイ時間は30分弱で大体一定になる。プレイ可能時間は18:00〜23:00エントリーまで。
 6人のプレイヤーの組み分けは、まず1・2試合目はランダム。2試合目は1試合目と違う組み合わせで行なわれる。2回当たるプレイヤー、当たらないプレイヤーが出るのは仕方ない。3試合目は得点の多い順に上位3名からなる上位卓、残った下位3名で下位卓を組んで行なわれる。そして上位卓で一番点数が多かったプレイヤーが1位となる。
 なお、プレイ料金は3クレジット。コンティニュー時も順位に関わらず同額がかかる。これはどの店舗でプレイしても必要クレジット自体は一緒なので、安くプレイしたいならクレジットサービスがある店舗を探すべし。

トーナメントモードの特殊ルール
 トーナメントモードは三人打ちで行なわれる為、麻雀のルールは基本的に三人打ちルールに基づく。その他、特殊なルールがいくつか存在する。

(1)1・2試合目は8分制限、3試合目は6局制限
 ランダムの組み合わせで行なわれる1・2試合目は対局に時間制限がある。東1局開始時から時間をカウントし始め、8分が経過した局で試合が終了する。残り時間は画面右上に表示される。
 時間の経過は基本的に全てのシーンで止まらない。上がった後の点数精算時や各種カットイン時も時間は経過する。例外は「あと1分」になった時。あと1分になると一時操作不能になりつつアナウンスされる。操作不能になった分はロスタイムとして経過時間には含まれない。このロスタイムは10秒程度が取られている為、実質的な制限時間は8分10秒程度となる。
 なお、公平を期す為、役満時の演出は全てカットされ、倍満と同じになる(リーチのカットインは通常と同じくプレイヤーの演出設定次第)。局ごとの点棒精算時の画面はスキップできない。この精算時間は1回につき大体10秒程度かかる。精算中も時間は経過するが、精算途中で残り時間が0になっても次の局に入り、次が最終局となる。この「時間の保護」は上がった、あるいは流局した瞬間から有効なので、残り数秒でこの局で試合を終わらせたい、という場合は「この局で終了」のメッセージを確認してから上がりボタンを押そう。2試合目の残り2分程度で、どうしても1位を守りたいという状況になったら、この局で終了のアナウンスが出るまで打牌に敢えて時間を費やすのも有効な手段。
 3試合目は時間制限がなくなるが、局数に制限がかかる。3試合目開始時から6局が経過した時点で試合終了となる。連荘無しで進めば南3局で終了。連荘があればその手前で終わる事になる。なお、時間制限ルールではなくなるので点棒精算画面のスキップが解禁されるが、役満演出はカットされたまま。
 どちらの試合でも親の連荘は通常ルールと同じく存在するので、開始時に西家になると親が2回回ってくる可能性が下がってしまい、若干不利な戦いを強いられる。通常の三人打ちルールでは南3局で終了するが、第1・第2試合は時間制限ルールの為、早く局が進行すると南3局が終了しても時間が余る可能性がある。この場合、他のルールでは見られない西入が起きる。余談だが、公式ページにある汎用MJ.Viewerでは北場まで対応しているので、北入もルール上はあるのかもしれない。

(2)30000点持ちの30000点返しでウマ・オカは無し、各試合は独立しつつも点数は持ち越し
 点数は30000点持ちの30000点返し。ウマもオカもないのでスコアは3試合で増減した分がそのまま反映される。3試合合計で20000点稼げば(=50000点で終われば)どの順位でも+20。また、点数は3試合全て持ち越しとなるので、1試合目で大きく稼げば2・3試合目が有利に進められるし、逆なら大きく不利になってしまう。
 各試合で点棒は引き継がれていくが、試合自体は独立している。1試合ごとに東1局からスタートし直す。場決めは総合順位に関わらず、1試合ごとにやり直される。また、リーチ棒が出た状態で試合終了を迎えても、そのリーチ棒は次の試合に引き継がれず、また、1位が確定しないので誰のものにもならない。つまり、場に吸収されてなくなってしまう事になる(最後の1位のプレイヤーの点数が増える事もない)。これを頭に置いておかないと思わぬ順位降下を招く事がある。
 更に重要な点が1つ。最初の2試合で上位卓に入らないと1位になる資格は得られない。下位卓に入ってしまうと、そこで1位を上回るだけの点数を稼いでも順位は4位。逆に、上位卓でいくら凹んでも3位より下になる事はない。

(3)対戦相手のうち、点棒変動がすぐ分かるのは対戦している3人だけ
 トーナメントモードは6人で争うモードだが、実際に対局するのは1試合で3人。3人に自分を含めれば相手は2人である。それ以外のプレイヤーの点数状況はリアルタイムでは更新されず、1試合終了後に6人全員での順位比較が行なわれるまで分からない。大きく稼いだと思っていても、実際はもう1つの卓でもっと大きく稼いでいるプレイヤーがいるかもしれない。2試合目を2位で終えたが、前の試合よりも点数を増やしているから上位卓に進めそうだ、と思っていると思わぬ追い上げを食って4位=下位卓に落ちる可能性もある。3試合目の事も考えて攻撃の手は緩めたくないところ。
 ただ、絶対に大丈夫な点数も存在する。それは「2試合目が開始される前の他の卓の1位よりも点数が多い1位」。自分がある卓で1位になれば、あと3人に上回られない限り上位卓に進出できる。その時、他の卓の元1位の点数を上回っていれば、その卓のプレイヤ−3人ともがその点数を上回る事はないので、最低でも2人に上回られるだけで済む。上位卓に進む事だけを考えればこれでOKである。実際には6人合計18万点という点棒の取り合いになるので、1試合目で大きく凹んだプレイヤーが出ない限り、40000点もあれば上位卓に進める確率は高くなるだろう。
 なお、点数が同点だった場合の順位確定方法は、「第1試合前、6人がマッチングした時に表示される対戦表の上から順」となっている。開始前にナンバーが各プレイヤーに上から順に振られるので、その番号が若い順、という事になる。特に2試合目を終えて同点だった場合に重要になるので覚えておきたい。

(4)トーナメントモード中は店舗内イベントの対象にならない
 トーナメントモードのルールはMJ内では特殊ルール扱いとなり、全ての店舗内イベントの対象にならない。同様にチャレンジも消化できない。是非ともプレイしたい店舗内イベントやチャレンジがある場合、残念ながらトーナメントモードをプレイするわけにはいかない。
 店舗内イベントのロスをなくすなら、プレイのタイミングは経験値2倍変動タイム中(上級段位者)、ディフェンストライアルが開催中だがエントリーを締め切っている、店舗内イベントが開かれなくなる22:30以降、といったタイミングでプレイする事になるだろう。

(5)宝箱が場に出現しない
 トーナメントモードでは、場に宝箱が出現しない。代わりに、1位になると金箱、2位で銀箱、3位で木箱が確実に1つ手に入る。1位の金箱が手に入ればおいしいが、そもそも最初の2試合で上位卓に入るだけの成績を残さなければならないのが辛いところ。各順位を平均的に取るとすれば、3試合で1セットと仮定して6セットで1周。大体18試合分で金箱1つを獲得できる計算。通常の段位別・リーグ戦よりは出現効率は高いが、1セットごとにクレジットを確実に使う事になるので金銭コストはかさむ可能性が高い。なお、トーナメントモードではチャレンジが消化できないので、木箱からは巻物が登場しないものと思われる。
 ちなみに、特殊役・役満の宝箱は通常通り獲得できる。MJ.NETに登録している場合、マイレージは1セットにつき3マイル獲得できる。

経験値の獲得量
 トーナメントモードでは、順位などに応じて三人打ちの経験値が変動する。経験値獲得量は通常と大きく異なる。

(順位点)
 3試合終了した時の段位と対局の順位により、経験値が増減。順に1/2/3/4/5/6位。上級段位は、記載の数値にクラス内所属人数に応じた変動倍率がかかった数値が最終的な変動幅になる。

龍・神クラス、雀クラス、最強位クラス:+0.0600/+0.0300/+0.0100/−0.0100/−0.0300/−0.0850
            王・者クラス:+0.0600/+0.0300/+0.0100/−0.0100/−0.0300/−0.0800
5段〜10段:+60/+30/+10/−10/−30/−80
 初段〜4段:+60/+30/+10/−10/−30/−60
 3級〜1級:+80/+40/+10/0/−30/−60
 6級〜4級:+100/+50/+10/0/−30/−60
10級〜7級:+100/+50/+30/0/−30/−60

(上がり点ボーナス)
 3試合を通して上がって獲得した点数の合計に応じて、対局終了後に経験値にボーナスが入る。この「上がり点」には積棒・供託リーチ棒の点数は含まれない。例えば1試合目に2000点、2試合目に5800点の1本場を上がったとすると、3試合終了後に2000+5800=7800点分のボーナスである7.8ポイントを獲得できる。
 これは級位のプレイヤーのみ獲得でき、最大+80まで。

 上がり点ボーナス:100点ごとに+0.1(最大80・・・80000点分まで)

(ハンディキャップ)
 対局時、マッチングした他の5人のプレイヤーの段位により経験値が増減。初段以上のプレイヤーのみ計算される。相手の段位はマッチングしてみないとわからないので、実質的には高段位者ほどマイナスに振れやすいランダム増減とも言えなくもない。
 ハンディキャップは対戦相手1人ごとに計算され、自分よりも相手の段位が高ければプラス、低ければマイナスされ、0.1ポイント(上級段位者は0.0001)単位で設定される。段位差が大きいほどプラス・マイナスも大きくなる。

(点棒ポイント)
 終了時の持ち点により更に経験値が増減。全ての順位において、原点(30000点)からどれだけ離れているかにより経験値が増減する。途中抜けは−20000点の最下位扱い。スコアはその時に持っていた点数で計算される。3試合目・−20000点近くの最下位で6局目を迎えた場合、敢えて途中抜け(中断)をした方が経験値の傷が浅く済む場合も往々にしてある。上級段位は()内の数値に変動倍率がかかった数値が適用される。
 点棒ポイントは初段以上のプレイヤーのみ計算される。1・2位の場合は点棒ポイントはプラスだけ、3・4位の場合はプラス・マイナス共に、5・6位の場合は点棒ポイントはマイナスだけ反映される。変動量の上下限は順位に関わらず±50。

     1位・2位時のプラス:100点浮くごとに+0.1(+0.0001)
3位・4位時のプラスorマイナス:100点浮くごとに+0.1(+0.0001)、あるいは100点沈むごとに−0.1(−0.0001)
    5位・6位時のマイナス:100点沈むごとに−0.1(−0.0001)
       獲得/損失上下限:+50(+0.0500)/−50(−0.0500)

(評価ポイント)
 対局時に獲得した評価ポイントの累積により経験値が増加。初段以上は4ポイント、級位は5ポイント獲得するごとに経験値が以下の数値分増減する。評価ポイントは3試合分まとめて計算される。評価ポイント獲得基準は、プロ雀士ボーナスと対戦相手評価がない事以外は公式モードと同じ。上級段位は、記載の数値に変動倍率がかかった数値が最終的な変動幅になる。

  上級段位:+0.0010
8段〜10段:+1.5
 3段〜7段:+2.5
 初段〜2段:+3(必要な評価ポイント数:4)
 3級〜1級:+3(必要な評価ポイント数:5)
 6級〜4級:+3.5(必要な評価ポイント数:5)
10級〜7級:+4(必要な評価ポイント数:5)

途中抜けのペナルティーについて
 トーナメントモードモードで途中抜けを行なうと、以下のペナルティーがある。

・6位が1回加算。スコアは途中抜けをした時点のスコアがそのまま加算・減少する。
・更に経験値は6位の分に加え、通常段位・上級段位のプレイヤーは点棒が−20000点(下限いっぱい)だったと仮定して計算された点棒ボーナスのマイナスを受ける。評価ポイント・上がり点ボーナス・ハンディキャップはそのまま加算。

 トーナメントモードは「タイムオーバー無し」で打つ事になる為、タイム切れはない。よって、自ら「中断」を選ばないと途中抜けは起きない。ペナルティーもかなりきついので、3試合目に入り、6位かつ点棒が−20000点を下回る事が確定していない限りは途中抜けをすべきではない。


Tips表紙へ戻る