段位に関するあれこれ(上級段位者向け)

 ここでは「段位」に関連する様々な事柄を解説している。こちらは上級段位者(強者以上)のプレイヤー向けの記事をまとめた。9段・10段のプレイヤーも予習のつもりで読まれると良いだろう。
 MJ5では幻球変動戦・幻球争奪戦は共に、発動時間は10:00〜24:00のエントリーまで。MJ4までと比べて短くなっている。
 

幻球増減・経験値ボーナスの処理手順
 週明けのゲームスタート直前のイベント・レギュラーリーグ・プロリーグ判定順は、

 プロリーグ昇降格判定(段位者は経験値減はなし。上級段位者は幻球減少あり)
→レギュラーリーグ昇降格判定(上級段位者の幻球増加はA1レベルアップボーナスのみなので、これに該当しない場合はリーグ判定のみ。段位者は経験値が減る事はない)
→イベントボーナスの判定(MJ賞・予選通過以上で段位者は経験値増、上級段位者は幻球増加。MJ5EVOからは団体戦の結果によっても増加あり)
→全て合算で獲得数を算出して昇降格判定(上級段位者は幻球増減後にA1レベルアップボーナスやイベント成績での幻球水獲得)

 となっている。この事から、9・10段のプレイヤーがイベントボーナスやレギュラーリーグ昇格・維持ボーナスで強者に昇格できる状態で、かつプロリーグを昇格する状態であっても、同時に受け取ってしまうとプロリーグの昇格ボーナスは幻球4個ではなく経験値150(=幻球3個分)のみとなる。ただし、レギュラーAリーグの昇格が出ている場合などで獲得ボーナス量が+60以上ある場合は上級段位にならずにいた方が得である。
 また、MJ5からイベントボーナスによる獲得幻球量がクラスごとに2分の1ずつされ、相対的な幻球の価値が揃えられた。よって、イベントボーナスだけであればどの段位で報酬を受け取っても価値は一緒。逆に、プロリーグ昇格ボーナスの幻球量は相対的に高いクラスの方が価値が大きくなっているので、事前にクラスをまたいだ昇格をする事ができるのなら、あらかじめ昇格しておくべきである。

上級段位の呼び名・昇降格表(EVOから変更あり)
 上級段位は幻球の色によってクラスが以下のように区分されている。段位の呼び名と必要幻球の個数は以下の通り。段位の後ろの()内は呼び名の読み方。昇格直後の試合の初局にサテライト実況で聞けたり(「強者」だけは「上級段位」と呼ばれて聞けない)する。クラスの名前は今回は公式にはアナウンスがない為、MJ4時代のクラス分けの呼び方を使用した仮称とする。
 最強位に昇格すると、そこからは幻球数に応じたレベル制で昇格を目指していく。最強位のプレイヤーには専用の演出や表示が行なわれ、レベルが上がると専用アイテムを獲得できたり、プロリーグ・全国イベントのシード権がもらえる。言わばMJ.NET認定雀士の劣化版か。もらえる特典は以下の通り。シード権は、四人打ちの最強位であれば四人打ちのものが、三人打ちの最強位は三人打ちのものが手に入る。ただし、イベント決勝やプロリーグのエントリー時に規定のレベル以上である必要がある。アイテムは一度獲得すれば永続する。
 レベル5:最強位の背景
 レベル10:全国イベント個人戦決勝シード権(団体戦には無効。団体戦に関わる場合はエントリー後、予選を普通にこなす必要あり)
 レベル15:最強位の枠
 レベル20:プロリーグシード権
 (これらとは別に)自己最高レベル更新:虹宝箱1個
 (これらとは別に)最強位でいる間:最強位特有の演出

 幻球の数は、同じ色の幻球を持ったプレイヤー同士がマッチングすると起きる争奪戦、及び幻球変動戦の結果などにより増減する。

強者になる条件:10段で経験値300到達

・昇格必要幻球数=次の段位になるのに必要な幻球数。記載された段で昇格必要幻球数に達すると、次の段に昇格し、6個(雀将以上は8個)の幻球を所持した状態になる。逆に、幻球を全て失うと1つ下の段に降格し、王・者クラスと魔神は6個、龍・神・雀クラス(魔神を除く)・最強位は8個の幻球を所持した状態になる。最強位から降格すると雀聖・紫幻球8個になる。

段位名:昇格必要幻球数(クラス最下位の段位からの累計必要幻球数)

(ここまで最強位クラス:金幻球)
最強位(さいきょうい):20個単位
(MJ5EVOでは最強位はレベルによってランクが分けられる。レベルが上がった後は8個の幻球を所持した状態になる)

(ここまで雀クラス:紫幻球)
雀聖(じゃんせい) :20個(累計44個)※MJ5EVOから変更になった
雀帝(じゃんてい) :16個(累計32個)
雀将(じゃんしょう):16個(累計24個)
雀狼(じゃんろう) :16個

(ここまで龍・神クラス:赤幻球)
魔神(まじん) :18個(累計74個)
鬼神(きしん) :14個(累計62個)
雷神(らいじん):14個(累計54個)
風神(ふうじん):14個(累計46個)

神龍(しんりゅう) :14個(累計38個)
飛龍(ひりゅう)  :14個(累計30個)
昇龍(しょうりゅう):14個(累計22個)
伏龍(ふくりゅう) :14個

(ここまで王・者クラス:青幻球)
覇王(はおう) :18個(累計60個)
帝王(ていおう):12個(累計48個)
賢王(けんおう):12個(累計42個)
闘王(とうおう):12個(累計36個)

覇者(はしゃ)   :12個(累計30個)
王者(おうじゃ)  :12個(累計24個)
賢者(けんじゃ)  :12個(累計18個)
強者(きょうしゃ?):12個

 クラス内の最上級段位の規定数まで幻球を集めると、1つ上のクラスの幻球を6個持った状態に昇格する。この時、持っていた幻球水は半分になる。また、昇格ラインを超えて獲得した余剰数の幻球は切り捨てられず、余った1個は上位クラスの幻球水0.5として、幻球水半減処理の直後に(見た目上は同時に)加算される。

 逆にクラス内の幻球を全て失う(伏龍→覇王、雀狼→魔神)と、1つ下のクラスの幻球を6個持った状態に降格する。この時に持っていた幻球水はそのままとなる。更に幻球負債(持ち幻球数よりも多く奪われた幻球の余り数。1個所持時に2個奪われると差分の1個が負債になる)を1個多く抱えるごとに−1個となるはず。
 者・王クラスで幻球を全て失うと10段に降格。10段降格時の経験値は、上級段位からMJ5を引き継ぎスタートしたプレイヤーは0、10段から昇格して上級段位になったプレイヤーは昇格時に余っていた端数の経験値になる。更に降格時に余っていた幻球水±1につき経験値±50(=±0.002につき経験値±0.1)として増減され、幻球水は0に戻る(変動幅=50×[余り幻球水数値]。幻球水が−0.2000ならば経験値−10、+0.0020なら経験値+0.1)。幻球負債がある場合は幻球水−1と考えて精算される。これにより、次回強者に復帰した時、幻球水は±0からスタートする。
 

幻球変動戦について
 幻球変動戦とは、対局の順位などに応じて幻球水が小数第4位まで変動する、いわば上級段位者限定の経験値変動戦。幻球水は俗に「幻球変動値」・「水槽」と呼ばれる事もある。
 所属クラスに応じて以下のポイントを獲得してゆき、幻球水が+1.0000・−1.0000に達すると幻球を1個獲得・失う。幻球増減後の幻球水は次の試合以降に引き継がれる。3要素とも東風・半荘・三人打ちの全てで変わらない点に注意。ちなみに、変動戦の結果段位が昇降格する可能性がある場合は、通常段位と同様に「1位40000点以上で昇格」などの昇降格戦の表示が出る。MJ.NETでも数値が確認できるようになっている。
 なお、幻球争奪戦発動中は幻球変動戦にならないが、争奪戦の結果によっては幻球水の増減が起きる。全国イベントでも幻球争奪戦が発生しない設定になっている場合があり、この時も全て幻球変動戦になる。
 上級段位者は、幻球争奪戦が発動していない公式試合(雀荘モードおよび経験値が変動しない、あるいは幻球変動戦にならない公式モードを除く)は全て幻球変動戦が発動する。幻球変動戦は上級段位者のみが発動するモードであり、段位者は発動しない。
 

幻球変動戦における幻球水の変動幅
 幻球変動戦における変動幅は同クラスの所属人数により変化し、所属人数が多いほど変化幅が大きくなる。下記のリストは現在の変動幅。なお、通常段位とは違い、この変動幅はプロリーグでもハンディキャップ以外は変化しない。ハンディキャップは通常段位のプレイヤーと同じく、対戦相手の段位によって幻球水にプラスまたはマイナスの修正を受ける。現在上級段位者の段位分布の都合上、ほとんどの状況でマイナス修正だろう。

(変動する値の公式)
 変動幅=(順位点+点棒ポイント+評価ポイント+ハンディキャップ)×変動倍率

※変動倍率は、者・王クラスは「×10」で固定されている。龍クラス以上では変動倍率が所属人数によって変化する。変化するタイミングは毎週月曜日の早朝。また、プロリーグとそれ以外では変動倍率が異なる。
 変化する所属人数のラインは、MJ4からMJ5になっても変わっていないものとすると、有志のランキング調査により、以下の通りと思われる。ただし、以下の人数にプロ雀士は含まない(ランキング対象外になっている為か?)。
 そのクラスに所属する人数が50人以下
 51人〜200人
 201人〜500人
 501人〜1000人
 1001〜2000人
 2001人以上

[三人打ち・四人打ちの公式モード]
 順位点による幻球水変動幅の基本値は、クラスによって一部異なり
(王・者クラス)
  四人打ち:1位…+0.0300  2位…+0.0100  3位…−0.0100  4位…−0.0400
  三人打ち:1位…+0.0300  2位…0     3位…−0.0400
(龍・神クラス、雀クラス、最強位クラス)
  四人打ち:1位…+0.0300  2位…+0.0100  3位…−0.0100  4位…−0.0425
  三人打ち:1位…+0.0300  2位…0     3位…−0.0425

 点棒による変動幅の基本値は、
  100点以上配給原点より浮いて(沈んで)いる場合、100点ごとに・・・
  四人打ち:1位…+0.0001(×最大40)  2位…+0.0001(×最大15)  3位…−0.0001(×最大15)  4位…−0.0001(×最大40)
  三人打ち:1位…+0.0001(×最大40)  2位…±0.0001(×最大15)  3位…−0.0001(×最大40)

 評価ポイントによる変動幅の基本値は、クラスによって異なり
(王・者クラス、龍・神クラス)
  四人打ち時は+3による基本値…+0.0020
  三人打ち時は+4による基本値…+0.0030
  (2012.1.5までは三人打ちでも+0.0020)

(雀・最強位クラス)
  四人打ち時は+3による基本値…+0.0010
  三人打ち時は+4による基本値…+0.0020
  (2012.1.5までは三人打ちでも+0.0010)

  ハンディキャップ値=対戦相手によって異なる。

[トーナメントモード]
 順位点による幻球水変動幅の基本値は、クラスによって一部異なり
(王・者クラス)
  1位…+0.0600  2位…+0.0300  3位…−0.0100  4位…−0.0100  5位…−0.0300  6位…−0.0800
(龍・神クラス、雀クラス、最強位クラス)
  1位…+0.0600  2位…+0.0300  3位…−0.0100  4位…−0.0100  5位…−0.0300  6位…−0.0850

 点棒による変動幅の基本値は、
  100点以上配給原点より浮いて(沈んで)いる場合、100点ごとに・・・
  1・2位…+0.0001(×最大50)  3・4位…±0.0001(×最大50)  5・6位…−0.0001(×最大50)

 評価ポイントによる変動幅の基本値は、
  +4による基本値…+0.0010

  ハンディキャップ値=対戦相手によって異なる。
 

幻球の増減条件
 幻球は、以下の条件で増減する。

・幻球争奪戦の勝敗。
 対局中に起きる「幻球争奪戦」の勝敗により増減する。幻球争奪戦は経験値が変動する公式モードでのみ発生する。雀荘モード・トーナメントモードでは発生せず、深夜・早朝の時間帯も発生しない。幻球争奪戦には2種類あり、以下の条件により変化する。

 幻球争奪戦では対戦相手との順位の差が獲得個数の差には繋がらないが、順位の差があると幻球水の増加に繋がる。よって、オーラスで点数状況を見た上での差し込み(任意の相手にわざと振り込みに行く)・山越し(条件に合致しない相手からのロン上がりを見逃して自分のツモ番を過ごし、合致する相手からのロン上がりを狙う)作戦が通常より有効な場面がある。幻球争奪戦SPでは自分の順位のみが重要なので、この作戦はほとんど使えないだろうが、この事実は、点数状況を良く判断しないと逆にうま味を減らす、あるいは損失を多く出してしまう事になりかねない事も意味している。自分が上がった結果損失が増したり獲得量が減るのは悲しいので、特に上がっても1位になれない時のロン上がりの際は相手の点数状況を良く見よう。

例:オーラスで対戦相手に勝っている時に、幻球水を多く獲得する為に相手を下位に落とす直撃、またはツモで親被らせを狙う。あるいは無関係の人に振り込んで順位を上げてもらい、間接的に下位に落とす。
  逆転・自分の順位アップが絶望的な時は、他人に差し込んで対戦相手の順位を落とし幻球水の損失を減らす。あるいは自分の順位が変わらずとも対戦相手の順位が落とせる上がりを狙う。逆に、対戦相手の順位を上げる上がりは自重する。

※全国イベントのイベントルーム内では幻球争奪戦が発生しなくなる場合がある。この場合は幻球争奪戦は起きないが、幻球変動戦は発生するので幻球水の変動は起きる。イベント中の幻球争奪戦の有無はイベント開催時の公式ページおよび筐体のイベント告知を参照し、良く確認しよう。

 幻球争奪戦:
通常の争奪戦。俗に「珠戦」とも呼ばれる。同じ色の幻球を持った者(例えば王者と帝王など)同士がマッチングすると起きる。試合終了時、対象者の中で最上位のプレイヤーが、最下位のプレイヤーから1個の幻球を奪う。更に、三人打ちの場合、最上位と最下位のプレイヤーの順位差が2(1位vs3位)なら最上位のプレイヤーの幻球水に+0.3、最下位のプレイヤーの幻球水に−0.3の追加増減がある。四人打ちの場合は順位差が2(1位vs3位、2位vs4位)あった場合は±0.15、順位差が3(1位vs4位)あった場合は±0.3の追加増減がある。どちらのルールでも順位差が1の場合は追加増減がない。四人打ちで1位vs3位の試合があったとすると、1位プレイヤーが3位プレイヤーから1個獲得し、更に幻球水+0.15。3位のプレイヤーは幻球−1に加えて幻球水が−0.15される。対象が3人・4人だった場合は最上位のプレイヤー1名と最下位のプレイヤー1名のみで判定し、それ以外のプレイヤーは幻球増減しない。

 幻球争奪戦SP:
 幻球争奪戦から派生。4人全員が同じ色の幻球を所持し、かつ全員の幻球所持数が強者3個以上、伏龍3個以上、雀狼3個以上のいずれかの場合に発生。強者・伏龍・雀狼と同じ色の幻球による上の段位(例えば強者→王者、帝王など)でも発生する。対象者4人で完全な順位戦を展開する。試合の順位により、1位・2位のプレイヤーはそれぞれ幻球を2個・1個獲得。3位・4位のプレイヤーは幻球を1個・2個失う。三人打ちルールではプレイヤーが4人ではないので発動しない。発動条件がやや厳しい。

・幻球変動戦の結果。
 「幻球変動戦について」で説明済み。結果により+1・−1個。厳密にはクラス昇格時に余った幻球の処理(余剰1個につき+0.5加算)もこの事例に入る。

・イベント結果によるボーナス。
 全国イベントの結果により、ボーナスを獲得できる。MJ5からはもらえるものが幻球水になったが、+1以上獲得できる場合は元々幻球水がマイナスだったプレイヤーでも1個目減りはせず幻球そのものが増える。よって0.5以下の報酬が存在してくる高段位者、団体による報酬が存在するプレイヤーは端数も考える必要があるが、それ以外、あるいは該当プレイヤーでも1個以上の幻球を獲得できる分は幻球そのものをもらえると考えて差し支えない。「イベントボーナス」で解説済み。

・プロリーグの昇降格および月間成績によるボーナス。
 上級段位のプレイヤーはプロリーグに参加できる。プロリーグの昇降格により、以下の数量だけ幻球が増減する。維持の場合は増減なし。S1は、「維持」と「レベルアップ≒昇格」があり、レベルアップしないと幻球を獲得できない。なお、レギュラーリーグの昇降格による幻球の増減はないが、A1クラスに限りA1レベルアップ時に幻球水が獲得できる。
※MJ5EVO(2013年2月分)からプロリーグの成績判定が2週間単位になった為、増減量も変わっている。

  プロリーグを昇格する:者・王クラスは幻球+6個、龍・神クラスは+5個、雀クラスは+4個、最強位クラスは+3個。
  プロリーグを降格する:者・王クラス、龍・神クラス、および雀クラスは−4個、最強位クラスは−3個。

 また、プロリーグの月間成績が幻球獲得ボーダーに達していると、者・王クラスは幻球+6個、龍・神クラスは+5個、雀クラスは+4個、最強位クラスは+3個のボーナスがもらえる。

・経験値変動がある公式モードにおける途中抜け。
 経験値変動がある公式モード(段位別戦・リーグ戦・大多数のイベント)において、タイムオーバーをコンティニューしなかったり、「中断」操作で試合を途中退出すると、その時点で最下位となる。
 これによる上級段位者の途中抜けペナルティーは、その試合が特殊な幻球争奪戦だったか否かで変わる。東風・半荘・三人打ちで共通。

  幻球争奪戦SPだった場合:その時点の他家の点数状況に関わらず−2個
  通常の幻球争奪戦だった場合:その時点の順位状況に関わらず−1個され、更に幻球水−0.3。
  幻球争奪戦ではなかったが、幻球変動戦だった場合:通常の4位・0点(三人打ち時は3位・0点、トーナメントモード時は6位・−20000点)で計算される幻球水マイナスを受ける
  幻球争奪戦でも幻球変動戦でもなかった場合:ペナルティーなし


Tips表紙へ戻る  段位に関するあれこれ 全プレイヤー向けへ