段位に関するあれこれ(全プレイヤー向け)

 ここでは「段位」に関連する様々な事柄を解説している。ここには上級段位者・通常段位者のどちらにも共通する記事をまとめた。上級段位者(強者以上)のプレイヤーは引き続き「その2 上級段位者向け」の記事も読まれる事をお勧めする。9段・10段のプレイヤーは予習の意味でその2もお読み頂きたく。
 

段位とは?
 段位とは、MJ5内におけるプレイヤーの腕前を示す指標である。MJ4までは段位は1本しかなかった為四人打ち・三人打ちの成績が合わさった段位になっていたが、MJ5では段位が四人打ち・三人打ちで個別になった。
 全てのプレイヤーは麻雀の腕前に応じて10級から始まり初段・10段を経由して上級段位に到達する。段位は経験値をためる事により上昇して行き、上級段位のプレイヤーは幻球水(対局の順位などに応じて変動する幻球の端数。±1に達すると幻球が1個増減)をためるか、同じ幻球の色を持つクラスのプレイヤーとマッチングした時に生じる「争奪戦」に勝利して幻球を増やしていく事で昇格を目指す。
 経験値・幻球を獲得(減少)するシチュエーションとしては、大まかに以下のものが挙げられる。

・公式試合の各試合ごとの順位。順位が良ければ経験値増or幻球水獲得、悪ければ経験値減or幻球水減少。
・公式試合の各試合で起きる各種争奪戦。相手より順位が良ければ経験値増or幻球獲得、悪ければ経験値減or幻球喪失。
・公式リーグの昇降格。維持・昇格すれば経験値増。(強者以上はA1レベルアップ時のみ幻球水獲得)
・プロリーグの昇降格。維持・昇格すれば幻球獲得(通常段位者は昇格時のみ経験値増)、降格すれば幻球喪失。
・全国イベントの結果。予選通過・MJ賞以上で経験値増or幻球獲得。MJ5EVOからは団体戦の結果でも獲得できるようになった。

 これらの事象について、この記事と「その2」の中で解説する。
 

昇降格経験値表
 MJ5では段位が四人打ち・三人打ちで個別になっているが、昇降格経験値のボーダーは一緒になっている。経験値は小数点第1位まで存在する。
 昇格戦・降格戦共に点棒ポイントを最大まで考慮して表示される。2位・3位の場合は点棒ポイント獲得の上限・下限が低いので、それを超える必要がある場合は「1位・4位で昇降格」の表示になる。
 昇降格戦表示は局ごとに変わる為、評価ポイントがたまると「3位以上で昇格」などと表示される事もあるし、降格戦でなくなる事もある。ただし、自分だけ低段位などで、1位になると確実に評価ポイントがもらえる場合でも、この評価ポイントは判定に影響しない。
 MJ4EVOからMJ5にカードを引き継いだ場合、元が3段までのプレイヤーはその段位の経験値0から、4段から覇王までは通常段位のカードを引き継いだ場合、通常段位からスタートする。伏龍以上のカードを引き継ぐと強者以上でスタートし、最強位のカードを引き継ぐと帝王からスタートする。どのカードでも、評価ポイントは全て0に戻り、初期では四人打ち・三人打ち共に同じ段位からスタートする。
 詳しい引き継ぎ段位、初期経験値・幻球数はMJ4EVO公式ページ「http://www.sega-mj.com/mj4evo/sp_mj5_conv_2.html」(PC向け)をご参照いただきたい。

・昇格必要経験値=次の段位になるのに必要な数値。記載された段で昇格必要経験値に達すると、次の段に昇格し、経験値は0に戻り、その後に端数の経験値を処理する。ぴったりは昇格。
・降格経験値=1つ下の段位に降格する経験値。これを下回る(ぴったりはアウト)と降格し、経験値は0に戻る。0に戻った後、端数の経験値を処理する。

段・級 昇格必要経験値/降格経験値
強者  −−−/青幻球を全部失う
10段 +300(青幻球6個以上獲得し強者に昇格。経験値は青幻球1個当たり50減少※)/−250
9段  +250/−250
8段  +250/−250
7段  +250/−250
6段  +250/−250
5段  +250/−250
4段  +200/−200
3段  +200/−200
2段  +150/−150
初段  +150/−150

1級   +50/−50
2級   +50/−50
3級   +50/−50
4級   +30/−40
5級   +30/−40
6級   +30/−40
7級   +20/−30
8級   +20/−30
9級   +20/−30
10級  +20/−−−

※10段から強者への昇格時は、幻球1個につき経験値50減少の処理を行ない、経験値の残りが+50未満になるまで繰り返す。その為、350以上の経験値を持って昇格すれば幻球を7個以上持ってスタートする事ができる。全国イベントの入賞特典授与時や、昇格ぎりぎりの状態から経験値2倍変動タイムや半荘戦で勝利すると起きる事がある。

小ネタ1:初段昇格までは参考試合[店内対戦・チーム内戦・シングルモード]でも経験値が変動する。ゲストも初段以上まで昇格するが、プレイを続けていなければゲストの状態でいられないので、モード変えはできない(結果を新規カードに残し、引き続きプレイする事はできる)のでリーグ戦にゲストの状態で入る事はできない。四人打ち・三人打ちのいずれかの段位が強者以上のプレイヤーは、オリジナルニックネーム募集時にリスクなく申請が可能になる(10段以下のプレイヤーは100マイレージポイントを使って1000人の抽選枠に当選しなければ審査の対象にならない:落選すれば50ポイントは戻ってくるが、当選して審査に合格しなかったら戻ってこない)。
小ネタ2:初段に昇格するとリーグ戦に、強者に昇格するとプロリーグに参加できるようになる。MJ5から、プロリーグへの参戦条件に「参戦種別の段位が強者以上」という条件がついた(プロ雀士は例外で、通常段位でも参戦可能)。
小ネタ3:通常営業時間帯において、段位別東風戦および段位別三人打ちのマッチング区分けは10級〜1級、初段〜5段、6段以上の3種類。
 

経験値増減
(四人打ち順位点)
 その時の段位と対局の順位により、経験値が増減。順に1/2/3/4位。半荘時2倍。

5段〜10段:+30/+10/−10/−40
初段〜4段:+30/+10/−10/−30
3級〜1級:+40/+20/−10/−30
6級〜4級:+50/+20/−10/−30
10級〜7級:+50/+30/0/−30

(三人打ち順位点)
 その時の段位と対局の順位により、経験値が増減。順に1/2/3位。

5段〜10段:+30/0/−40
初段〜4段:+30/0/−30
3級〜1級:+40/+5/−30
6級〜4級:+50/+5/−30
10級〜7級:+50/+15/−30

(トーナメントモード順位点)
 その時の段位と対局の順位により、経験値が増減。順に1/2/3/4/5/6位。

5段〜10段:+60/+30/+10/−10/−30/−80
初段〜4段:+60/+30/+10/−10/−30/−60
3級〜1級:+80/+40/+10/0/−30/−60
6級〜4級:+100/+50/+10/0/−30/−60
10級〜7級:+100/+50/+30/0/−30/−60

(上がり点ボーナス)
 1試合を通して上がって獲得した点数の合計に応じて、対局終了後に経験値にボーナスが入る。この「上がり点」には積棒・供託リーチ棒の点数は含まれない。例えば三人打ちルールにおいて1試合の間に2000点と5800点の1本場を上がったとすると、試合後に2000+5800=7800点分のボーナスである7.8ポイントを獲得できる。
 これは獲得経験値は違えど、四人打ち・三人打ち共通の仕様。級位のプレイヤーのみ獲得でき、最大+40まで。

 四人打ち時の上がり点ボーナス:100点ごとに+0.2(最大40・・・20000点分まで)

 三人打ち時の上がり点ボーナス:100点ごとに+0.1(最大40・・・40000点分まで)

 トーナメントモード時の上がり点ボーナス:100点ごとに+0.1(最大80・・・80000点分まで)

(ハンディキャップ)
 対局時、マッチングした他のプレイヤーの段位により経験値が増減。初段以上のプレイヤーのみ計算される。相手の段位はマッチングしてみないとわからないので、実質的には高段位者ほどマイナスに振れやすいランダム増減とも言えなくもない。
 ハンディキャップは対戦相手1人ごとに計算され、自分よりも相手の段位が高ければプラス、低ければマイナスされ、0.1ポイント単位で設定される。段位差が大きいほどプラス・マイナスも大きくなる。また、半荘・三人打ちはハンディキャップも大きくなる。
※段位別戦ならば、マッチング最下限段位である初段と6段のプレイヤーは必ずハンディキャップがプラスの状態になる(0=全員同じ段位の場合は経験値争奪戦が発動)。

(点棒ポイント)
 終了時の持ち点により更に経験値が増減。全ての順位において、原点(東風20000点、半荘・三人打ち25000点)からどれだけ離れているかにより経験値が増減する。途中抜けは0点の最下位扱い。リーグ成績も0点の4位(三人打ちは3位)として計算される。0点近くでタイムオーバーになった場合、敢えて途中抜け(中断)をした方が経験値・スコア・リーグスコアの傷が浅く済む場合も往々にしてある。
 点棒ポイントは初段以上のプレイヤーのみ計算される。半荘時は経験値のプラス・マイナス共に0.2ポイント刻みになり、上下限2倍。三人打ち時の2位の場合、点棒ポイント計算上だけ特別に、浮いて終了したら2位扱い、沈んで終了したら3位扱い、3位終了の場合4位扱いとなる。沈み1位・2位時、浮き3位・4位時はプラス・マイナス共になし。

[初段〜4段]
 1位・2位時のプラス:200点浮く(端数切り捨て)ごとに+0.1
3位・4位時のマイナス:200点沈む(端数は無視)ごとに−0.1
   獲得・損失上下限:+20/+6/−6/−20

[5段〜10段]
 1位・2位時のプラス:100点浮くごとに+0.1
3位・4位時のマイナス:100点沈むごとに−0.1
   獲得・損失上下限:+40/+15/−15/−40

[初段〜10段](トーナメントモード時)
     1位・2位時のプラス:100点浮くごとに+0.1
3位・4位時のプラスorマイナス:100点浮くごとに+0.1、あるいは100点沈むごとに−0.1
    5位・6位時のマイナス:100点沈むごとに−0.1
   獲得/損失上下限:+50/−50

(評価ポイント)
 対局時に獲得した評価ポイントの累積により経験値が増加。四人打ち時は段位に関らず評価ポイントを3ポイント、三人打ち時は段位4ポイント、級位は5ポイント獲得するごとに経験値が以下の数値分増減する。評価ポイントは四人打ち・三人打ちそれぞれで個別に扱われる。

(三人打ち時)
8段〜10段:+3(2012.1.5までは+2)
5段〜7段:+5(2012.1.5までは+4)
3段〜4段:+5
初段〜2段:+6(必要な評価ポイント数:4)
3級〜1級:+6(必要な評価ポイント数:5)
6級〜4級:+7(必要な評価ポイント数:5)
10級〜7級:+8(必要な評価ポイント数:5)

(四人打ち時)
8段〜10段:+2
5段〜7段:+4
3段〜4段:+5
初段〜2段:+6
3級〜1級:+7
6級〜4級:+8
10級〜7級:+10

(トーナメントモード時)
8段〜10段:+1.5
3段〜7段:+2.5
初段〜2段:+3(必要な評価ポイント数:4)
3級〜1級:+3(必要な評価ポイント数:5)
6級〜4級:+3.5(必要な評価ポイント数:5)
10級〜7級:+4(必要な評価ポイント数:5)

 評価ポイント獲得は、基本的に通常で経験値が変動するモード(公式モード全般・幻球変動戦・級位時の参考試合など)のみ対象。雀荘モード・幻球争奪戦・経験値争奪戦の時も一部は判定されるが、加算はされない。つまり、雀荘モード・幻球争奪戦・経験値争奪戦では評価ポイントは獲得できない。しかし、評価ポイント獲得対象外の試合でも、店舗内イベント「ブロック祭」の為に判定が必要になってくるので判定は行なわれる。なお、局終了時、他の対局者の評価対象牌の判定結果も分かる。
 評価の星は青星(対象牌1つごとに+1)・緑星(対象牌1つごとに+2)・赤星(対象牌1つごとに+3)の3種類に加え、捨て牌に評価ポイントがついた場合は青星・黄星(対象牌1つごとに+2)がつく。向聴数や内部処理の都合などにより、つかない場合もある。光った星の辺は、どの対戦者の待ち牌(対象牌)だったかを示すもの。主に、他家の聴牌後に引いた評価対象牌は評価が高くなりやすい。

※自分が振り込まずに局を終えた場合、他家の待ち牌が灰色の鍵括弧で囲われる。これは「当たり牌(役なしは含まないが、フリテンは含む)だったが評価ポイントの対象外だった牌」という事。黄色い鍵括弧で囲われた牌が評価ポイント対象牌。
 級位の場合のみ、灰色の鍵括弧で囲われた牌は全て青星扱いになり、1牌ごとに+1となる。つまり、振り込まずに局を終えた時に、当たり牌をどんな形であっても抱えていさえすれば評価ポイントになる。なお、評価ポイント獲得対象外の試合でもこの判定は行なわれるが、数値やサテライト実況には影響がない。ただし、店舗内イベント「ブロック祭」で必要になってくる。

※評価ポイントは以下の条件で獲得できる。「MJ5EVO公式ページ(PC用:http://info-pc.sega-mj.net/mj5evo/rank_point.html)」にもヒントが隠されているので参考にされたし。
 なお、MJ5から評価ポイントのマイナス全般、およびカンドラ獲得時の評価ポイント+1、評価ポイントベットの機能がなくなっている。

・切ったら他人にロンされる牌(=当たり牌。他人がフリテンの場合を除く)を切らずに、自分が振り込まず(=自分が上がるor他家がツモor他家同士の振り込み合い)に局を終える。対象牌を掴んだタイミングなどにより、1牌につき+1〜+3。自分の向聴数や掴んだ牌の有効度などにより、つかない場合もある(例えば、切らなければ手が進む=残すのが自然な場合は対象外)。切らなければ鳴いて晒したり暗槓してもOK(ただし晒した牌は灰色鍵括弧の対象にはならない=級位だと評価ポイントを少し損する)。

・相手が当たり牌を変えた(あるいは相手がフリテンになった・テンパイを崩した)後、変えたタイミングでは手持ちだった元々の当たり牌を捨て、自分が振り込まずに局を終える。捨牌1牌につき+1〜+2で、捨てる牌は元々評価対象牌であった必要がある。

・役満1歩手前の副露(鳴き)をしているプレイヤーがおり、切ったらそのプレイヤーに役満を確定される可能性が残っている牌(=包牌)を1枚のみ持っている状態から切らずに、自分が振り込まずに局を終える。つまり、副露された牌が光った後、浮いている包牌をブロックする。最低+1で、当たり牌になっていた場合は当たり牌評価が優先。

・自分より高い段位のプレイヤーを4位にして1位になる。「対戦相手評価」という。+1〜+5。ただし、7段以上のプレイヤーは獲得できない。+5になるのは、低級が中段位から上を倒した時など、段位に非常に大きな差がある時。全国イベントが狙い目。トーナメントモード、評価ポイントが獲得できない試合では獲得不可。
・プロ雀士を4位にして1位になる。「プロ雀士ボーナス」という。プロのランクによりCランクは+1〜Sランクは+4。対戦相手評価と重複するが、こちらは7段以上のプレイヤーも獲得できる。トーナメントモード、評価ポイントが獲得できない試合では獲得不可。
  z

リーグ昇格・維持ボーナス
 通常段位者がレギュラーリーグ(リーグの種類は問わない)・プロリーグで良い成績をおさめると、リーグ成績受け取り時に経験値にボーナスが加わる。どのような条件で何ポイントのボーナスがもらえるかは以下の通り。四人打ちリーグなら四人打ちの経験値・幻球水のみ、三人打ちリーグなら三人打ちの経験値・幻球水のみが増加する。上級段位者にはA1レベルアップ・プロリーグ昇格以外のボーナスはない。
 なお、レギュラーリーグ特別昇格時には計算の順番が少しだけ異なる。特別昇格時のみリーグ成績を先に判定し、続いて経験値計算をまとめて(この時のみ経験値獲得計算が順位点・点棒ボーナス・評価ポイント・リーグボーナスの4本立てになる)行なう。普通は結果は同じになるが、リーグボーナスの結果により段位が昇格できる時の処理をスムーズに行なえるようになっている。
※レギュラーリーグ・プロリーグ・三人打ち共に、現在のリーグで維持の成績を受け取った場合、1セットに満たない数試合の成績がプラスで残っていた場合、リーグ成績の持ち越し可。ただしプロリーグS1レベルアップおよびレギュラーリーグA1レベルアップは「昇格」とみなされ、持ち越しはできない。

 レギュラーC3リーグ維持:ボーナス無し

 レギュラーC2・C1リーグ維持:+10(2013.1.28入れ替え分まではボーナス無し)
 レギュラーCリーグ昇格・特別昇格:+30
 レギュラーBリーグ維持:+20(2013.1.28入れ替え分までは+10)
 レギュラーBリーグ昇格・特別昇格:+60(2013.1.28入れ替え分までは+50)
 レギュラーAリーグ維持:+30(2013.1.28入れ替え分までは+20)
 レギュラーAリーグ昇格・プロリーグ参加権獲得圏内:+100(2013.1.28入れ替え分までは+60)
 レギュラーリーグA1レベルアップ:+100(上級段位のプレイヤーは幻球水トップ2回分。2013.1.28入れ替え分までは+60or幻球水トップ2回分)
 プロリーグ維持:ボーナス無し
 プロリーグ昇格・S1レベルアップ:+300(強者以上のプレイヤーはクラスにより+6〜+3個)
 プロリーグ月間成績によるボーナス:+300(強者以上のプレイヤーはクラスにより+6〜+4個)
※プロリーグ昇格時のボーナスは2013年1月開催のプロリーグの分までは・S1レベルアップ:+200(強者以上のプレイヤーはクラスにより+4〜+2個)。プロリーグ月間成績によるボーナス:+300(強者以上のプレイヤーはクラスにより+6〜+4個)
 MJ5では、プロリーグ参加の為には強者以上になっている事が条件。経験値を手に入れるシチュエーションは、「プロリーグ昇格を確定させた後に10段以下に降格した場合」に限られる。また、同条件でもプロリーグ維持に留まる場合では経験値のボーナスはない(ゴールドだけもらえる)。また、MJ5EVO(2013年2月開催分)からはプロリーグの成績判定が2週間単位になっている。
 

イベントボーナス
 全国イベントの結果により、終了後に結果を受け取る際にボーナスがもらえる事がある。段位者の場合は経験値を、上級段位者の場合は幻球水を獲得できる。もらえるのは、開催されたイベントのルールに対応した経験値・幻球水である。四人打ちのイベントだった場合は報酬も四人打ちのものが、三人打ちの場合は三人打ちのものが手に入る。どの範囲の成績にいればどれだけ獲得できるかは公式サイトに掲載されるが、実例は以下の通り。これらの各賞には更にスタンプ・宝箱の特典がつく。詳しくはイベント開催時に公式ページを参照しよう。
 MJ5では「参加賞」として条件が明示され(実例は、各種全国大会の場合は規定試合数消化)、その条件を達成した時点でスタンプがもらえるが、この参加賞には経験値・幻球ボーナスはない。なお、MJ5からは幻球をもらう場合、もらえるものが「幻球水」になり(ただし、もらった時点での幻球水累積がマイナスだった場合でもそれが埋まるように1個分消費される事はなく、幻球がそのまま加算される)、幻球の色によって数量が変わるようになった。者・王クラスに対して龍・神クラスはもらえる幻球水の量が半分、雀クラスは4分の1になる。更にMJ5EVOからは最強位がクラス分けされた関係で、換算値は雀クラスの半分、すなわち表記の8分の1になる。下記の実例で表示している幻球水の数量は、者・王クラスにおける数値である。
 現在の各賞のボーダーは、MJ4時代と同じとするとおおむね予選通過:上位60%(イベント初回プレイ時に確認可能)、入賞:上位10%、入選:上位30%、MJ賞:上位50%程度の模様。これは参加人数に対しての割合で、自分の順位が総参加者数に対してこの割合以上に入っていれば報酬獲得(予選通過)となる。例えば80000人参加・1位が70局のディフェンスコンテストで、自分は25局・30000位だった場合は順位が30〜50%に入っているのでMJ賞を獲得する。過去のイベント決勝ボーダーはMJ5公式ページに記録が残っているので参考にするといいだろう。開催日数・イベントタイプが同じ場合は過去の結果とそれほど大きく食い違う事はない。

実例1:第22回全国大会(2012年11月開催)、第3回近代麻雀CUP(2012年12月開催)の場合(予選・決勝の2回開催タイプの場合は予選・決勝で特典が分かれる)
(予選)※地域別予選の場合、各地域後に判定される
 1位:経験値+200or幻球水+4.0
 入賞(2〜50位):経験値+150or幻球水+3.0
 入賞(51位以下):経験値+100or幻球水+2.0
 入選:経験値+50or幻球水+1.0
 MJ賞:経験値+25or幻球水+0.5
(決勝)
 優勝:経験値+400or幻球水+8.0
 入賞(2〜50位):経験値+300or幻球水+6.0
 入賞(51位以下):経験値+200or幻球水+4.0
 入選:経験値+100or幻球水+2.0
 MJ賞:経験値+50or幻球水+1.0

実例2:第23回(2012年1月開催)以降の全国大会の場合(決勝のみ開催時)
(決勝)
 優勝:経験値+600or幻球水+12.0
 入賞(2〜50位):経験値+400or幻球水+8.0
 入賞(51位以下):経験値+300or幻球水+6.0
 入選:経験値+150or幻球水+3.0
 MJ賞:経験値+50or幻球水+1.0

実例3:第23回(2012年1月開催)以降の全国大会の場合(予選・決勝の2回開催タイプの場合は予選・決勝で特典が分かれる。決勝のみの開催の場合は特典は決勝の分のみ)の場合
(予選)※地域別予選の場合、各地域後に判定される
 1位:経験値+400or幻球水+8.0
 入賞(2〜50位):経験値+300or幻球水+6.0
 入賞(51位以下):経験値+200or幻球水+4.0
 入選:経験値+100or幻球水+2.0
 MJ賞:経験値+50or幻球水+1.0
(決勝)
 優勝:経験値+600or幻球水+12.0
 入賞(2〜50位):経験値+400or幻球水+8.0
 入賞(51位以下):経験値+300or幻球水+6.0
 入選:経験値+200or幻球水+4.0
 MJ賞:経験値+100or幻球水+2.0

実例4:Rバトルの場合
(R1800未満部門)
 1位:経験値+400or幻球水+8.0
 入賞(2〜50位):経験値+300or幻球水+6.0
 入賞(51位以下):経験値+200or幻球水+4.0
 入選:経験値+100or幻球水+2.0
 MJ賞:経験値+50or幻球水+1.0
(R1800以上部門)
 優勝:経験値+600or幻球水+12.0
 入賞(2〜50位):経験値+400or幻球水+8.0
 入賞(51位以下):経験値+300or幻球水+6.0
 入選:経験値+200or幻球水+4.0
 MJ賞:経験値+100or幻球水+2.0

 この「MJ賞」という項目は、イベントにより呼び名が変わる事がある(咲-Saki-CUPの場合は「咲-Saki-CUP特別賞」など)が中身は一緒。また、予選・決勝の2回開催タイプの全国大会においては、予選にも順位に応じた特典が付加される。この順位は地域ごとの予選の場合、各地域ごとに判定される事になる。

 更にMJ5EVOからは、団体戦の成績によって経験値も獲得できるようになった。獲得の為には団体の成績が一定以上、かつ自分の個人成績がプラス(+0.1以上)である必要がある。+0以下では獲得できない。
 ポイントの実例は以下の通り。ただし下記ポイントは経験値で獲得する場合であり、上級段位では者・王クラスの場合は50分の1の幻球水(1以上になった場合は幻球1個として獲得)として獲得できる。龍・神クラスはもらえる幻球水の量がこの半分、雀クラスは4分の1、最強位は8分の1になる。

実例1:第1回新春大会(2013年1月開催)以降の全国大会の場合(予選・決勝の2回開催タイプの場合は予選・決勝で特典が分かれる)
(予選)
 1位:分配ポイント300+ベース配分50
 入賞:分配ポイント200+ベース配分30
 入選:分配ポイント150+ベース配分20
 予選通過:分配ポイント100+ベース配分10
(決勝)
 1位:分配ポイント600+ベース配分50
 入賞:分配ポイント400+ベース配分30
 入選:分配ポイント300+ベース配分20
 MJ賞:分配ポイント200+ベース配分10

(獲得量の計算方法)
 まず、自分の団体がMJ賞(予選通過)以上、かつ自分の個人成績が+0.1以上である必要がある。自分の団体の成績が規定以上、かつ自分の成績がプラスである場合、以下の計算式によって獲得量が決まる。
 級位・通常段位のプレイヤーは計算結果をそのまま経験値で獲得。上級段位者の場合は、計算式で出た数値を50(者・王)・100(龍・神)・200(雀)・400(最強位)で割った数値の幻球水を獲得する。
  経験値獲得量=ベース配分+分配ポイント×(今回の個人成績÷団体部門のボーダー)
  ※端数切り捨て。級位・通常段位は整数まで、上級段位は小数第1位まで計算し幻球の色ごとのレートで割る。
・ベース配分は、対象の各人に同量ずつ与えられるポイント。自分の成績に関わらず一定。
・分配ポイントは、対象の各人の個人成績によって配分量が変わる部分。計算に必要な数値は「ボーダー」と「今回の個人成績」であり、「自分の団体の成績」・「貢献度」ではない。
(例1)決勝の自分の成績が+200、団体成績が+800で入選(ボーダーは+500)だった場合、
  経験値獲得量=ベース配分20+分配ポイント300×(今回の個人成績200÷団体部門のボーダー500)
        =20+300×(200÷600)=20+300×(1/2.5)
        =140
 もしプレイヤーが王者だったとすると、120÷50=2.4個の幻球を獲得する。
(例2)上記事例で団体成績が+800で入賞(ボーダーは+800)だった場合、
  経験値獲得量=ベース配分30+分配ポイント400×(今回の個人成績200÷団体部門のボーダー800)
        =20+400×(200÷800)=30+400×(1/4)
        =130
 もしプレイヤーが王者だった場合、120÷50=2.4個の幻球を獲得する。

 上記計算例のように、自分の成績が一定でも一定の経験値がもらえるとは限らず、ボーダーギリギリの入賞よりも入賞ボーダーにわずかに届かない入選で終わる方が経験値の入りが多くなる事がある。経験値を重視するか、ゴールドなどの副賞を重視するかで価値が変わってくるだろう。

経験値争奪戦について
 経験値争奪戦とは、三人打ち・四人打ち公式モードでマッチングした結果、全員の段位の幅が一定の範囲内に収まっている(初段〜3段、4段〜5段、6〜7段、8〜10段のいずれかの範囲)と発動する特殊な経験値変動戦。範囲の設定上、初段〜10段のプレイヤーのみ発動し、半荘リーグでも条件を満たせば発動する。幻球争奪戦と違い、全国イベントでも経験値変動があるのならば発動する可能性がある。トーナメントモードでは発生しない。
 経験値争奪戦が発動すると、ハンディキャップ・評価ポイント・点棒ポイントがなくなり、対局中の評価ポイント獲得もできなくなる(判定のみ実施)。また、店舗内イベント「経験値2倍変動タイム」も参加が無効化され、経験値変動が対局後に獲得したスコアと同値に固定される。スコアは小数第1位まで計算されるので、経験値も同様に小数第1位まで増減する。
 では、実際にいくつくらい変動するのか。経験値争奪戦が東風戦・三人打ちで起きたと仮定する。
 元々段位は近いのでハンディキャップは精々±0.5程度。評価ポイントは獲得できないので、これによる経験値増加はなし。点棒ポイントの獲得上限を無視した場合、東風戦ならば段位のプレイヤーは通常、1位を取ると「+30(+評価ポイント+点棒ボーナス)」となるが、スコアで考えると30(ウマ)+20(オカ。三人打ち時は+15)−5(初期持ち点と返し点の差)=「+45(三人打ち時+40)」が基準になる。5段以上のプレイヤーの場合は点棒ボーナスとスコア上昇分が同じになるので、通常プレイとの差分は「+15(−評価ポイント)」(三人打ち時は「+10(−評価ポイント)」)になる。初段〜4段の場合は点棒ポイントの刻みが200点なので差分は「+15+原点からの浮き分÷100(−評価ポイント)」(三人打ち時は「+10+原点からの浮き分÷100(−評価ポイント)」)となる。つまり、どちらの場合でも(評価ポイントを考えなければ)1位であれば通常のプレイよりもお得になる。
 逆に、東風戦の4位(三人打ち3位)の場合の通常プレイとの差分は、初段〜4段では「−5−原点からの浮き分÷100(−評価ポイント)」、5〜10段では「+5(−評価ポイント)」である。5段以上かつ点棒ポイントの下限より大きく下回った飛ばされ方をしていない場合に限り、通常プレイの方がお得。
 では、2位・3位・三人打ち2位の場合はどうか。それぞれ、通常プレイよりも「5(+評価ポイント分)」低くなってしまう。しかし4段までのプレイヤーは原点から10000〜12000点稼いだ2位、5〜10段のプレイヤーは原点から20000点以上稼いだ2位に限り、点棒ポイントの増加をスコアの増加分が上回る為、経験値争奪戦の方が得になる。四人打ち3位、三人打ち沈み2位の場合はいかなる場合も5ポイント以上の損。
 なお、半荘リーグで経験値争奪戦が発動した場合、勝ち・負け共に幅が小さくなる。負けても通常よりダメージが少なくて済むが、勝ってもうま味が減ってしまう。
 

途中抜けのペナルティーについて
 公式モード・全国イベントで途中抜けを行なうと、以下のペナルティーがある。

・4位(三人打ちなら3位)が1回加算。スコアは東風時−55、半荘・三人打ち時−60、割れ目ルール・インフレルール時−60(トビ賞マイナスがない)
・級位・段位者の場合、経験値が0点の4位の分だけマイナス。評価ポイント・上がり点ボーナス・ハンディキャップは加減算される。
 上級段位者の場合、争奪戦形式により幻球水マイナス〜直接に幻球が最大−2される。幻球変動戦の場合、評価ポイント・ハンディキャップは加算される。
・その試合がリーグ戦・全国イベントだった場合、その試合の成績は東風の場合−55、半荘・三人打ち・割れ目ルール・インフレルールの場合−60になる。
・その試合がレーティング変動対象試合だった場合、その試合のスコアを東風の場合−55、半荘・三人打ち・割れ目ルール・インフレルールの場合−60として変動値を計算して変動する。
 

レーティングについて
 レーティングとは、プレイヤーの実力を示す新たな指標としてMJ5から追加された数値。通常の段位が対戦相手にほぼ無関係に一定の尺度で計算されるのに対し、レーティングは対戦相手が強ければ勝利した時に多く伸び、敗戦した時には損失は小さい。逆に相手が弱ければ勝利しても得るものは少なく、負けた時に失うものが大きくなる。
 レーティングは、経験値・幻球とは別に変動する。対戦相手の強さ=レーティング値と対局の結果を元に変動し、四人打ち・三人打ちでそれぞれ別に判定される。レーティングが上昇し、1600に達すると対局後の自分の成績画面・個人情報タブで確認できる。1800に達すると「四人打ち上級者・三人打ち上級者」に認定され、MJ.NETおよびネームプレートで表示される。平均的なプレイヤーのレーティングは1500になるとの事。また、特定のイベントではエントリー時のレーティングにより参加できる部門に違いが出る。
 レーティングは、MJ.NET認定雀士に選出される為の条件の1つになっている。認定雀士になるには、プロリーグで上位の成績をおさめ、上級段位であり、かつレーティングが1800以上である必要がある。
 レーティングは公式モードにおいて10:00〜24:00までしか変動しない。雀荘モードは公式モードとは違うので、レーティングは一切変動しない。また、全国イベントでも一部を除き変動しない。極端にレーティング値が離れたプレイヤーとマッチングした時も変動しない事があるらしい。

 レーティング値の初期値は、MJ4・MJ4EVOからの引き継ぎ時の段位が以下のものであった場合、

 最強位:1850
  雀聖:1830 雀帝:1820 雀将:1810 雀狼:1800
  魔神:1780 鬼神:1770 雷神:1760 風神:1750
  神龍:1730 飛龍:1720 昇龍:1710 伏龍:1700
  覇王:1690 帝王:1680 賢王:1670 闘王:1660
  覇者:1640 王者:1630 賢者:1620 強者:1610

という情報が出ている。この下の段位については調査中だが、確実に調べられそうなのが9〜10段までで、それでも「初戦勝利」という条件が必要になるので、調べるのは少し難しいかもしれない。個人的な予想だが、10段〜初段は1600〜1510、級位で一律1500ではないだろうか。

 公式ページによると、レーティング値変動幅の計算式は以下の通り。
(トーナメント以外の公式モード)
 変動値 = 倍率×(対局時に得たスコア+ハンディキャップ)
  ただし、倍率は四人打ち時0.24、三人打ち時0.18。ハンディキャップを0とすれば、獲得スコアにこの倍率をかけた数値だけ変動する。それよりも変動がプラスになっているなら自分は対局メンバーの中では格下、マイナスになっていれば格上だったという事。
  ハンディキャップは(その試合における全プレイヤーの平均レーティング値−自分の変動前のレーティング値)÷40(三人打ち時は括弧内÷30)

例:自分のレーティング値が1800、他のプレイヤーがそれぞれ1500、1350、1600(北家)とすると、4人の平均レーティング値は1562.5。よって、自分のハンディキャップは(1562.5−1800)÷40=−237.5÷40=−5.9375となり、

  四人打ち時の変動値 = 0.24×(対局時に得たスコア−5.9375)

 今回の成績が1位で+60ならば+12.975、4位で−50ならば−10.311となる。

 三人打ちの場合は・・・
  上記の例で、北家を除いた3人でプレイしたとする。レーティング平均値は1550。よって、自分のハンディキャップは(1550−1800)÷30=−250÷30≒−8.333となり、

  三人打ち時の変動値 = 0.18×(対局時に得たスコア−8.3333)

 今回の成績が1位で+60ならば+9.300、4位で−50ならば−8.826となる。

(トーナメント)
 トーナメントでは、最終スコアに変わらずレーティング変動が決まる。
  変動値 = 0.30×(順位点+ HC)
 ただし、順位点は3試合をこなした最終結果により、以下の通りになる。
  1位:+50 2位:+30 3位:+10 4位:−10 5位:−30 6位:−50
 ハンディキャップは(その試合における全プレイヤーの平均レーティング値−自分の変動前のレーティング値)÷50(ただし±10まで)

・・・上級段位者は引き続き段位に関するあれこれ 上級段位者向けもどうぞ。


Tips表紙へ戻る  段位に関するあれこれ 上級段位者向けへ