肩書き一覧

 MJ5では様々な肩書き(各人のネームプレートの上に表示される、特別な戦績・戦歴・称号など)が入手できる。以下はそれらをまとめたもの。なお、肩書きの大半はMJ4・MJ4EVOから引き継ぎが可能。
 これらの他、異なるシリーズをまたいでマッチングが行なわれた時に相手方にだけ表示される「○○プレイヤー」(○○=シリーズ名称)、冠付き全国大会でゲストチームが団体を組んでいる時に表示される肩書きのような臨時的な肩書きもある。

 表示優先順位順はほんのちょっとしか意識して並べていない。同カテゴリー内の肩書き表記順も適当。
 MJ.NETに登録しているカードの場合は、表示優先順位変更(トップに表示される肩書きのみ設定可能。2番目以降は自動設定)、各肩書きごとの表示・非表示、全肩書き非表示設定、削除(イベント肩書きのみ)が可能。

 この他、四人打ち・三人打ちそれぞれに「レーティング」が設定されているプレイヤーは、レーティング値が1800に達していると「四人打ち上級者」・「三人打ち上級者」の称号が得られる。この称号はプレイ中は誰も見る事ができず、MJ.NET上でデータを参照した(された)時にしか表示されない。

表記註:以下、「・」で始まる文章が肩書き名。
 

プロ雀士肩書き
 プロ雀士に与えられる肩書き。特別アバター(背景・枠)とセットで最優先で表示され、一般のプレイヤーが獲得する事はできない。
※プロ雀士は公式モードランキング集計対象外。よってプロ雀士はランク肩書きを所持できないし、上級段位のクラス別人数のカウントにも入らない(クラス別人数は、対局順位ごとの幻球水変動倍率に関わる)。

・日本プロ麻雀協会所属

ランク肩書き
 公式モードの四人打ち・三人打ち別に、全国or都道府県で50位以内にランクインすると表示。1日1回集計。

 ランク判定基準は、段位>幻球数or経験値(幻球数では幻球水も考える)。四人打ちと三人打ちの段位は別々になっている為、ランキングも2種類存在する。なお、MJ4まで存在していた勝利ポイントはMJ5ではなくなったので、ランキング集計にも使われない。
 都道府県ランキングの集計は、MJ.NETに登録しているカードで、かつMJ.NETの「各種設定」で居住地を「未設定」にした場合は、どこにも所属しない=都道府県ランキング対象外。MJ.NETに登録しているカードで居住地をどこかに設定している場合は、自分で登録したマイ店舗(「カード情報」→「マイ店舗」で、最近訪れた5店舗の中から変更可能)の所属都道府県。MJ.NETに登録していないカードの場合はカードを作成(引き継ぎ)した店舗(=マイ店舗)がある都道府県。
 ただし、マイ店舗の都道府県と居住地が一致しない場合はマイ店舗の都道府県で集計される。つまり、居住地だけ他都道府県にしても他都道府県のランク肩書きを獲得する事はできない。他都道府県にランクインしたい場合は、一度その都道府県のどこかの店舗でプレイし、マイ店舗を変更しなければならない。
 全国50位以内かつ都道府県登録があるプレイヤーは、全国肩書きと同時に都道府県肩書きも持つ。

・四麻(三麻)段位○○?位
 ※ただし、○○=「全国」or都道府県名(末尾の「都道府県」は省略)、?=順位(1〜50)
 

レーティング肩書き
 公式モードの四人打ち・三人打ち別に、全国or都道府県で50位以内にランクインすると表示。1日1回集計。

 ランク判定基準は、単純に高い順。
 全国50位以内かつ都道府県登録があるプレイヤーは、全国肩書きと同時に都道府県肩書きも持つ。

・四麻(三麻)R○○?位
 ※ただし、○○=「全国」or都道府県名(末尾の「都道府県」は省略)、?=順位(1〜50)
 

雀荘レベル肩書き
 雀荘モードのレベルが全国or都道府県で50位以内にランクインすると表示。1日1回集計。

 ランク判定基準は、レベル>経験値。ただし経験値が減る事はないので、純粋に経験値ランキングと考えても良い。
 全国50位以内かつ都道府県登録があるプレイヤーは、全国肩書きと同時に都道府県肩書きも持つ。

・雀荘LV○○?位
 ※ただし、○○=「全国」or都道府県名(末尾の「都道府県」は省略)、?=順位(1〜50)
 

プロリーグ順位・雀荘ランク肩書き
 公式モード・プロリーグの累計スコアおよび雀荘の月間収支順位で50位以内にランクインすると表示。東風・半荘・三人打ちそれぞれで1日1回(雀荘ランクは月末1回)集計され、開催月〜翌々月の1日(雀荘ランクは翌月の1日〜末日)まで表示される。開催期間中のプロリーグの場合は1日ごとに肩書き対象者が変わっていく。

・東風戦(半荘戦・三人打ち)プロリーグ○○位:○○=順位(1〜50)

・○○?位
 ※ただし、○○=雀荘名、?=順位(1〜50)
 

雀荘月間収支肩書き
 前月の各雀荘での月間収支が50位いないにランクインすると表示。次月の1日〜月末まで表示される。

リーグS1肩書き
 公式モード・プロリーグS1所属者に付与される肩書き。S1でレベルアップ≒昇格を出した回数に応じてレベルは上がっていく(連続である必要はない。降格後、再度S1に復帰すればレベルは継続:「S1・LV3→S2に降格→S1に昇格」の流れならLV3から再開)。なお、S1レベルのカウントはMJ3から引き継がれておらず、MJ5で全員レベル1から再スタートしている。

・東風プロ(半荘プロ・三人打ちプロ)S1 LV:○○:○○=S1でレベルアップを出した回数+1(初期値は1からスタートする為)
 

イベント肩書き
 全国イベントで入賞・優勝するともらえる肩書き。MJ3から、8個までの制限つき(5個まで優先的に保存可能)ながら、複数のイベント肩書きを所持できるようになっている。保存したい肩書きは「イベント肩書き設定」から設定できる。なお、開催回数はMJ3から引き継いでカウントされている。
 基本的に、一度獲得すれば個数制限以外では消える事はないが、1つだけ、複数回行なわれるイベントでも全国で1人しか持てない肩書きがあるので、所持対象者が移動すると元の肩書き所持者の肩書きは消える。
 冠付き全国大会(egカップ・男のたしなみCUP・KING CUP・Ameba CUP・MJ4攻略大全CUP)の優勝者には通常の優勝肩書きとは別に「egカップマスター」・「男のたしなみCUP大賞」・「KING CUP大賞」・「三雀士CUP大賞」・「麻雀技塾CUP大賞」・「Ameba CUP大賞」・「MJ4攻略大全CUP大賞」・「SPA! CUP大賞」の肩書きもつく。つまり、2つの肩書きを手にする。ただし、「ヒトカラCUP」以降の冠付き全国大会では「??大賞」の肩書きは存在しなくなった。
 MJ2全国大会G1イベント(スポニチカップ・ヤンマガカップ・ヤンマガチャレンジ)優勝の肩書き「スポニチカップ大賞」・「ヤンマガカップ大賞」・「ヤンマガチャレンジ王」は、その大会で優勝したカードをMJ2からMJ3・MJ3EVO・MJ4・MJ5と引き継いだ場合のみ引き継がれる。
 MJ4EVO(第15回全国大会および第11回幻球バトル)からイベント入賞特典が「2〜50位まで」と「51位以下」に分かれ、肩書きもそれぞれ別のものがもらえるようになった。
 MJ5Ver.Bからは東風戦・三人打ちのイベントが同時開催されるようになってきた。この場合の肩書きはそれぞれの種目で別々に獲得判定が行なわれる。対局中のネームプレートの左上に「東」・「三」のマークがついて、どちらの種目で獲得したかを見分ける事ができるようになっている。
 なお、MJ4Ver.CからMJ.NETで団体戦にエントリーする事ができるようになったが、こちらでもらえるのはゴールド(Mj5EVOより以前はクーポンももらえた)のみで、団体が良い成績でも肩書きはつかない。

・第○期全国大会入賞(優勝・??位):通常の全国大会の場合。○=開催回数の数字(1〜34)、??=順位(2〜50)
・全国大会入賞(優勝):ロケテスト中の(開催回数が設定されていない)各種全国大会入賞・優勝者。
・謎の旅客船第○便入賞(優勝):○=開催回数の数字(1〜6)
・第○期全国選抜入賞(優勝):○=開催回数の数字(1〜2)
・第○期Rバトル入賞(優勝・??位):○=開催回数の数字(1〜3)、??=順位(2〜50)・・・R1800以上部門でのみ獲得可能。
・第○回MJオープン入賞(優勝):○=開催回数の数字(1〜7)
・○○入賞(優勝・??位):○○=イベント名(冠付き全国大会)、??=順位(2〜50)・・・現在は以下のいずれか。
  egカップ・男のたしなみCUP・KING CUP・三雀士CUP・麻雀技塾CUP・Ameba CUP・MJ4攻略大全CUP・SPA! CUP・ヒトカラCUP・咲-Saki-CUP・激牌CUP・第2回咲-Saki-CUP・近代麻雀CUP・第2回近代麻雀CUP・第3回近代麻雀CUP・第3回咲-Saki-CUP・MJ5 PDブックCUP・第4回咲-Saki-CUP・第1回神無月大会・第1回勤労感謝祭・第5回咲-Saki-CUP・第1回新春大会・アカギCUP・ムダヅモCUP(大会の正式名称は「ムダヅモ無き改革CUP」・電人☆ゲッチャ!CUP・第1回夏祭りCUP・第2回アカギCUP)。
  なお、初回の咲-Saki-CUP、近代麻雀CUP、およびアカギCUPに「第1回」の記述はない。
・egカップマスター:egカップ優勝者のみ。
・○○大賞:○○=イベント名。以下の冠付き全国大会優勝者のみ:男のたしなみCUP・KING CUP・三雀士CUP・麻雀技塾CUP・Ameba CUP・SPA! CUP。

・鉄壁王:MJ3Ver.Bロケテスト、MJ4Ver.Cロケテストにおけるディフェンスコンテスト入賞者専用。開催回数が設定されていなかった為、簡潔な肩書きになっている。「鉄壁神」はMJ3Ver.Bロケテスト優勝者が肩書きを受け取る事ができなかった為、MJ4Ver.Cロケテスト優勝者の1人しか存在していない。
・第○期××王(神・××王??位):○=開催回数の数字、××=コンテストによる特定の単語(現在はディフェンスコンテストの「鉄壁」[1〜6]、幻球バトルの「幻球」[1〜16])、??=順位(2〜50)
 ※「神」はイベント優勝者。

・第○期最強軍団長:○=開催回数の数字(1〜3)。チーム対抗戦優勝チームのリーダーにつく。
・第○期最強軍団筆頭:○=開催回数の数字(1〜3)。チーム対抗戦において、優勝チーム内で最高の成績を出した人につく。
・第○期最強軍団所属:○=開催回数の数字(1〜3)。チーム対抗戦において、優勝チームでプレイした人につく。
 ※「最強軍団〜」肩書きは、そのチームを退会すると剥奪され、復活しない。MJ3→MJ3EVO→MJ4→MJ5とカードを引き継いできた直後のMJ5カードでは扱いが若干特殊で、カード引き継ぎ直後はMJ.NETの登録が外れた状態になるが、チーム加入状態はMJ.NETアカウントで引き継がれている為、MJ5でチームを退会していない同じアカウントにカードを登録すれば肩書きも引き継ぎできる。

・謎の旅客船歴代No.1
 ※MJ3EVOの謎の旅客船イベントで、収支の最高額を出したプレイヤーに与えられた。MJ5まで引き継ぎが可能で、対象者は現在も肩書きを所持している。謎の旅客船第1便の優勝者は即獲得。第2便以降の優勝者が第1便優勝時の記録を上回った場合、そのプレイヤーに肩書きが移動。移動した場合、次回以降の肩書き判定基準は、肩書きを奪い取ったプレイヤーになった。記録を上回るプレイヤーが現われなければそのまま保持。この肩書きを所持しているプレイヤーがオリジナルニックネームのプレイヤーだった場合、次の謎の旅客船イベント開催期間直前〜開催期間中、アバターと共に名前(「様」付け)・収支記録がライブモニターなどに表示されていた(オリジナルニックネームでないプレイヤーだった場合は名前が表示されない)。
 

MJ4高段位肩書き
 MJ4またはMJ4EVOからMJ5に引き継いだ際、MJ4・MJ4EVOの段位に応じてもらえる肩書き。当然、今から新たに獲得する事はできない。

・MJ4○○
 ※ただし、○○=MJ4の最終段位に応じて以下のいずれかが入る。
 「十段・強者・賢者・王者・覇者・闘王・賢王・帝王・覇王・伏龍・昇龍・飛龍・神龍・風神・雷神・鬼神・魔神・雀狼・雀将・雀帝・雀聖・最強位」
 

MJ3EVO高段位肩書き
 MJ3EVOからMJ4に引き継いだ際、MJ3EVOの段位に応じてもらえる肩書き。MJ3EVOから引き継いだMJ4(→MJ4EVO)カードをMJ5にも引き継いだ場合に限り所持している。言うまでもなく、今から新たに獲得する事はできない。

・MJ3○○
 ※ただし、○○=MJ3EVOの最終段位に応じて以下のいずれかが入る。
 「十段・強者・賢者・王者・覇者・闘王・賢王・帝王・覇王・伏龍・昇龍・飛龍・神龍・風神・雷神・鬼神・魔神・雀狼・雀将・雀帝・雀聖・最強位」
 

MJ2高段位肩書き
 MJ2からMJ3に引き継いだ際、MJ2の段位に応じてもらえた肩書き。MJ2から引き継いだMJ3カードをMJ3EVO→MJ4(→MJ4EVO)と引き継ぎ、更にMJ5に引き継いだ場合に限り所持している。もちろん、今から新たに獲得する事はできない。

・MJ2○○
 ※ただし、○○=MJ2の最終段位に応じて以下のいずれかが入る。
 「十段・強者・賢者・王者・覇者・夜叉王・修羅王・羅刹王・不動王・伏龍・昇龍・飛龍・神龍・風神・雷神・鬼神・魔神・雀将・雀豪・雀帝・雀聖」
 

MJ1高段位肩書き
 MJ1からMJ2に引き継いだ際、MJ1の段位に応じてもらえた肩書き。MJ1→MJ2→MJ3→MJ3EVO→MJ4またはMJ4EVOと引き継いできたカードを、更にMJ5に引き継いだ場合に限り所持している。当たり前だが、今から新たに獲得する事はできない。

・MJ1○○
 ※ただし、○○=MJ1の最終段位に応じて以下のいずれかが入る。
 「十段・強者・賢者・王者・覇者・夜叉王・修羅王・羅刹王・不動王・伏龍・昇龍・飛龍・神龍・風神・雷神」
 

ショップ肩書き(MJ.NET登録中カード限定)
 MJ.NET内のショップで購入できるPR肩書き。いわゆるキャッチフレーズで、特別何か良い成績をおさめなくても、購入すれば誰でもつける事ができる。自分はこうありたい、こんな事を対戦者に呼び掛けたい、など、自分をアピールする肩書き。一定期間しか販売・装備されないものなので注意。
 装備可能期間は2日間・7日間・28日間の3つの期間があり、購入時に選択。もちろん長い期間ほど高額のゴールドがかかる。購入した時にメインカードに登録していたカードに対し、購入した期間だけつけられる。なお、チーム人数による優待割引は効かない。
 カード登録の解除、またはMJ.NETを退会すると、購入した肩書きは表示されなくなる。また、ショップで新しい肩書きを購入すると先に購入していた肩書きは自動的に削除される。つまり、ショップ肩書きは1つしか持つ事ができない。

・(いろいろなキャッチフレーズが定期的に入れ替わってショップに並ぶ。リクエストも可能なので、希望の肩書きがあれば提案してみよう)
 

特殊肩書き
 段位や戦績、イベント成績などに関わらず、対局した結果などで、ある特定の条件を満たす事で獲得できる肩書き。条件を満たせばいくらでも獲得できるが、条件を満たさなくなると消える肩書きもある。

※以下、「肩書き名:獲得条件」とする。

(条件肩書き)
 これらの肩書きは全国のプレイヤーに対する順位で獲得が判定されるので、条件を満たさなくなると消える。条件判定は1日1回のメンテナンス時間に各種ランキング更新と並行して行なわれる。
・スタンプキング:獲得スタンプ数全国1位

(永続肩書き)
 これらの肩書きは、一度獲得すればずっと残る。永続肩書きには条件を達成した試合が終わった後ですぐに獲得できるAタイプと、条件を達成した翌日から知らぬ間に獲得しているBタイプがある。AタイプとBタイプでは肩書きのデザインが異なり、Bタイプの基本肩書きと上位肩書きでもまたデザインが違う。
 なお、Bタイプの肩書きを獲得できる条件の個数・回数は、MJ3Ver.B(あくまで「MJ3の」Ver.B)に入ってからの試合がカウント対象になる。MJ3Ver.A+以前でいくら宝箱を開けていようとも、MJ3Ver.B以降で数個しか開けていなければ「トレジャーハンター」は獲得できない。
 また、Aタイプの肩書きのうち、一部は三人打ちルールでは獲得できない。もちろん、シングルモードなど、対人戦以外では全て獲得不可。
 ちなみに、Aタイプの肩書きは「レア肩書き」とも呼ばれ、獲得すると「最近の出来事」(「カード情報→最近の出来事」または「チーム情報→メンバーの出来事」で確認できる)に獲得した事実が記録される。

[A:公式モード対局中に条件を達成すると、その対局が終わった後にもらえる肩書き。肩書き獲得のアクションあり]
・天の采配を受けし者:天和を上がる・・・三人打ちルール・トーナメントモードOK
・地の采配を受けし者:地和を上がる・・・三人打ちルール・トーナメントモードOK
・  常勝不敗の雀士:四人打ちで8連勝、または三人打ちルールで10連勝する※
           ・・・トーナメントモードは獲得不可
・ 死神と呼ばれし者:対戦者を3人まとめて飛ばす・・・三人打ちルール・トーナメントモード不可
・ 地獄からの生還者:局終了時の持ち点1000点以下(リーチで一時的に1000点以下になるだけではダメ)からトップを獲得・・・三人打ちルールOK、トーナメントモード不可
・   龍を掴みし者:ドラを12以上使った手を上がる・・・三人打ちルール・トーナメントモードOK
・役満神に選ばれし者:役満[数え役満もOK]を2試合連続、または1試合で2回上がる(ただし、ダブル役満は1回としてカウント。カードを1度排出した場合、2試合連続でも無効)・・・三人打ちルールOK、トーナメントモード不可?

※常勝不敗の雀士の肩書きは、閉店時間などで途中でゲームをいったん終了してもOKだが、リーグ戦・段位別戦など記録が分かれるカテゴリーのいずれかで続けて連勝する必要がある。全国イベントでは、その回の間に達成する必要はなく、次の同人数・同ルールの種目があるイベントに持ち越す事ができる。

[B:その日のプレイの結果条件を達成していると、次の日にもらえる肩書き。肩書き獲得のアクションなし]
※アイテム系の肩書きは、アイテムを売却・送信するなどしてカード・アイテム倉庫にあるアイテム数を規定数より減らすと次の日から消える。消えた肩書きは規定数に達した状態になった翌日にまた復活する。プロリーグ参加権・MJオープン参加権は数に含まれない。
 MJ.NETのアイテム倉庫に入っているアイテムは、メインカードに設定している場合のみカウントに入る。カード内の重複アイテム・倉庫内のダブりアイテムおよび倉庫とカードでダブっているアイテムは1種類としてカウントされる(倉庫とカードで同じアイテムを1個ずつ持っていても「1種類」。倉庫に同じアイテムが2個入っていても重複カウントされず「1種類」)。例えばカードに重複無しで50種類+アイテム倉庫にダブりなしで30種類あれば「アイテムコレクター」の肩書きがもらえる。

・トレジャーハンター:(トレジャー系の基本肩書き)MJ3Ver.Bに入ってから宝箱(リーグ維持ボーナスなどの分も含む)を30個獲得
・トレジャーマスター:(トレジャーハンターの上位肩書き)MJ3Ver.Bに入ってから宝箱を200個獲得
・ トレジャーキング:(トレジャーマスターの上位肩書き)MJ3Ver.Bに入ってから宝箱を700個獲得
・  チャレンジャー:(チャレンジ系の基本肩書き)MJ3Ver.Bに入ってからチャレンジを5回成功する
・チャレンジマスター:(チャレンジャーの上位肩書き)MJ3Ver.Bに入ってからチャレンジを10回成功する
・ チャレンジキング:(チャレンジマスターの上位肩書き)MJ3Ver.Bに入ってからチャレンジを25回成功する
・アイテムコレクター:(アイテム系の基本肩書き。MJ.NET登録中カード限定)所持アイテム数70種類以上
・ アイテムマスター:(アイテムコレクターの上位肩書き。MJ.NET登録中カード限定)所持アイテム数300種類以上
・  アイテムキング:(アイテムマスターの上位肩書き。MJ.NET登録中カード限定)所持アイテム数800種類以上


Tips表紙へ戻る