雀荘モードに関するあれこれ

 ここでは「雀荘モード」に関連する様々な事柄を解説している。
 

雀荘モードとは?
 雀荘モードとは、プレイヤーがプレイ中に獲得していくゴールドを賭け、様々なルールの部屋=雀荘で対局していくモードである。対局の結果により所持ゴールドが上下する。つまり、プレイヤー間でゴールドを奪い合うモードとも言える。プレイヤーはこの対局に勝利しつつ、ゴールドの増加、雀荘レベルの昇格を目指していくのが目的となる。
 雀荘モード中は経験値・レーティングは一切変動しない。また、MJ4まで存在した「雀荘リーグ」もなくなっている。「雀荘レベル」はVer.Bから別のシステムに置き換わっており、雀荘モード中は雀荘レベルがネームプレートに表示されるようになっている。
 雀荘モードに最初に入る際、所持金が500G必要。しかしMJ5を新規に始めたプレイヤーは300Gしかもらえない為、どこか別のモードでゲーム慣れついでに宝箱から獲得しなければならない。一度入ってしまえば、次回からは入場資格が一番低い雀荘に入れるだけのゴールド(現在はCランク雀荘の300G)を持っていれば雀荘モードに入れるようになる。
 

各雀荘の紹介
 ここではMJ5に存在する雀荘を紹介する。
 各雀荘には「ランク・ルール・スコア1当たりのレート・入場資格・開店時間」などが設定されている。これらは同じランクの雀荘で共通になっている。入場資格は、それ以上の所持金でないとその雀荘に入れないという制限ライン。このライン以上の所持金を持っていれば入る事ができる。レートはスコア1当たりで表示されているが、実際はスコアを0.1まで計算する関係上、レートの10分の1単位で収支が発生する。Cランクにおいてはレートが1桁の為、小数点以下の端数が出る事がある。端数が出る場合、プラスにしろマイナスにしろ、小数点以下は切り捨てられる。この計算の都合上、雀荘におけるゴールド精算の手順は、まず1位以外のプレイヤーの収支を計算し、小数点以下を切り捨てる。1位は他のプレイヤーの収支の合計分だけ収入を得る。
 開店時間は地味に重要で、高いランクの雀荘になると夕方くらいからしかプレイできなくなっている。なお、閉店時間はどの雀荘も24時に設定されているので、実際にプレイできるのは24:00までにエントリーできたものだけである。つまり、対局の結果24:00を過ぎると、プレイ中の試合が終わった後に雀荘モードから締め出される(最後のプレイは有効)。これは閉店が24時よりも遅いゲームセンターでも回避できない。なお、開店時刻は2012年7月から変更になっている。

(Cランク)
スコア1当たりのレート:3G チップルール時のチップ1枚=15G
入場資格:300G 参加費:10G
・まーじゃん学院(チップルール):開店時間:19〜24時 ミニJACKPOT・・・1万G JACKPOT・・・10万G
・麻雀大学(三人打ちルール):開店時間:10〜24時 ミニJACKPOT・・・500G JACKPOT・・・4万G

(Bランク)
レート:10G チップ1枚=50G
入場資格:1000G 参加費:40G
・雀荘東(チップルール):開店時間:19〜24時 ミニJP・・・4万G JP・・・40万G
・麻雀サロン南(三人打ちルール):開店時間:15〜24時 ミニJP・・・2000G JP・・・16万G

(Aランク)
レート:50G チップ1枚=250G
入場資格:5000G 参加費:200G
・雀荘ベガス(チップルール):開店時間:19〜24時 ミニJP・・・20万G JP・・・200万G
・雀荘サザンクロス(三人打ちルール):開店時間:15〜24時 ミニJP・・・1万G JP・・・80万G

(Sランク)
レート:300G チップ1枚=1500G
入場資格:3万G 参加費:500G

・S闘技場(開店時間:19〜24時 ルールは週ごとに変動)
チップルール時:ミニJP・・・50万G JP・・・500万G
三人打ちルール時:ミニJP・・・25000G JP・・・200万G

 S闘技場のルールは毎週月曜を境にチップ→三人打ち→チップ→三人打ち・・・の周期で変動していく。ライブモニターでも今週および4週先の予定まで確認できる。また、今後は参加資格として、「雀荘レベル30以上」が必要なように変更される予定があるらしい。
 

(採用ルール概要)
チップルール
 四人打ちの東風戦。20000点持ちの25000点返し。順位ウマが10−20。
 赤ドラを持って上がる(鳴いてもOK)、リーチ一発で上がる、裏ドラを乗せるとチップを1枚(ロンなら放銃者から、ツモなら対局者全員から同数:ロン上がりの3倍になる。赤ドラ・裏ドラは1枚につきチップ1枚)もらえる。数え役満以外の役満でもリーチをかけていれば一発・裏ドラは判定される。また、相手を飛ばすとトビ賞として飛ばした人が飛ばされた人からチップ1枚(複数人を飛ばしたなら対象者全員から、ダブロンなどで飛ばした場合は頭ハネ)、役満を上がればチップ5枚(ツモ時5枚オール)。チップのレートはスコア5に相当し、所持点数とは区別される。
 その他はMJルールと同様。

三人打ちルール
 三人打ちの東南戦。順位ウマなどは公式試合の三人打ちルールと同じ。

雀荘アイテムについて
 各雀荘には、そこでしか手に入らないアイテムが存在する。アイテムの種類には大きく分けて「連勝アイテム・「月間収支アイテム」・「雀荘レベルアイテム」の3種類がある。全てカードから送信できないカード依存アイテムであり、売る事もできない。
 各雀荘でカードを抜かずに4連勝、またはデイリースコア+300相当の収支(「収支」なのでチップルールの場合、チップで増減した分も含む)を達成すると、その雀荘特製のアイテムが手に入る。各雀荘に7種類ずつだが、デイリー収支による獲得は1日1回のみ。
 また、月間収支がスコア+500相当に達すると上記とは別の雀荘アイテムが入手できる。これは月間1回限りで、アウター(エプロン)、手首、EX枠の順で手に入ると思われる。全て入手するには最低3ヶ月必要。
 更に、雀荘レベルが10・20・30に到達するごとにアイテムが手に入る。これはルールに関らずプラス収支を挙げるごとに経験値が積み重なっていくので、雀荘モードを続けてプレイしていればいつかは揃える事ができる。
  雀荘レベル10:おばけキノコの枠
  雀荘レベル20:子ネコの枠
  雀荘レベル30:ロケットの枠
 

JACKPOTとは?
 雀荘モードで役満を上がると通常の点数・宝箱を獲得する以外に「JACKPOT」という特別賞をもらう事ができる。これはプレイヤーから奪う訳ではなく雀荘(つまりMJの中の人)からもらえるものである。もらえるものはプレイしている雀荘に応じて変化するゴールドで、参加費とルールにより決められている。参加費が高い雀荘、あるいは四人打ちルール(三人打ちルールよりも格段に役満が出にくい為)の雀荘で役満を上がると、より多くのJACKPOTをもらえる。
 JACKPOTには高額の「JACKPOT」(通称「大JACKPOT」)と「MiniJACKPOT」とがあり、それぞれの獲得条件およびもらえるゴールドの計算式は以下の通り。詳しい金額は既に上の「各雀荘の紹介」に記載の通りである。

  MiniJACKPOT:四暗刻・四暗刻単騎待ち・国士無双1面待ち・数え役満・鳴き(ポン・チー・カン。暗槓は除く)を使用した役満・・・のいずれかの役満を上がる
         (例外:四暗刻単騎待ち・国士無双1面待ちは、人和と同時に上がればJACKPOT扱い)
   ・・・もらえる金額は四人打ちルール(チップルール)で参加費×1000G、三人打ちルールで参加費×50G

  JACKPOT:面前で役満を上がる。ただし四暗刻・四暗刻単騎待ち・普通の国士無双・数え役満は不可。例えば天和、国士無双13面待ち、九蓮宝燈、門前で大三元を作る、など。
       なお、普通の国士無双をツモった後、上がらずに13面に受けてフリテンにし、後にツモり直したとしても1面待ちとして扱われMiniJACKPOTになる。
   ・・・もらえる金額は四人打ちルールで参加費×10000G、三人打ちルールで参加費×4000G

 このJACKPOTは収支とは完全に切り離されており、デイリー収支の成績などには加算されない。MJ4までは存在したJACKPOTの累計金額を対象にしたランキングもMJ5では廃止されている。
 

雀荘レベルについて
 雀荘モードでは段位の代わりに、雀荘モードの熟練度として「雀荘レベル」が採用されている。これは「チップ・三人打ち」のルールに関係なくレベルが設定されており、これらのレベルが高いほど、雀荘モードに対する熟練度が高い事を示している。後々には、雀荘レベルが30以上ないとS闘技場に入れないように変更される予定があるらしい。また、雀荘レベルが10・20・30に到達するごとに特別アイテムが獲得できる。
 雀荘レベルは全員レベル1からスタート。雀荘レベルは収支を稼ぐごとに経験値が蓄積されてゆき、一定値でレベルアップ。経験値はマイナスされる事はない。よって、長く雀荘モードをプレイしていればそのうち高レベルに到達する事ができる仕様になっている。
 プレイヤーは自身の雀荘レベルにより、以下のランクに格付けされる。このランクと同じ、あるいはランクより下の雀荘でプレイする場合、経験値は収支に応じた満額が手に入る。ランクより上の雀荘でプレイしても、実際に手に入る経験値は自分のランクと同じ雀荘で得られる値に再計算されてしまう。一気に上位ランクの雀荘で飛び級を狙う事はできなくなっている。
  レベル 1〜9 :Cランク
  レベル10〜19:Bランク
  レベル20〜29:Aランク
  レベル30〜  :Sランク

 雀荘モード中は、公式モード段位の代わりに雀荘レベルがネームプレートに表示されるようになっている。

 雀荘レベルの昇格ボーダーは、現在調査中。確定分は以下の通り。表記のレベルで必要経験値に達すると次のレベルに昇格。経験値ぴったりは昇格する。
レベル:昇格必要経験値
  1:150
  2:300
  3:500
  4:700
  5:1000
  6:1300
  7:1600
  8:1900
  9:2200
(----ここまでCランク----)
 10:3400
 11:4600
 12:5800
 13:7000
 14:8500
 15:10000
 16:12000
 17:14000
 18:16000
 19:18000
(----ここまでBランク----)
 20:30000
 21:42000
 22:
 23:
 24:
 25:
 26:
 27:
 28:
 29:
(----ここまでAランク。これ以降はSランク----)
 30:
(以下続く)

経験値の獲得量は、以下の通り。
・自分と同じランク、または自分より下のランクの雀荘で打った場合、四人打ちの場合は収支の100%、三人打ちの場合は75%獲得。
・自分より上のランクの雀荘で打った場合、四人打ちの場合は(スコア+チップ枚数×5)×自分のランクのスコアレート(Cランクで3、Bランクで10、Aランクで50)×100%、三人打ちの場合はスコア×自分のランクのスコアレート×75%が手に入る。すなわち、自分のランクの雀荘でプレイしたものと見なして収支計算し、経験値が加算される。
 

雀荘メンバー対決
 通常ルールの各雀荘には「雀荘メンバー」という設定のプロ雀士が1人ずつ配置されている。MJ.NET有料会員に加入している人は、この雀荘メンバーに対決を挑む事ができる。勝負は月間でその雀荘において獲得した(失った)収支を競うもので、見事勝利できればゴールドを獲得できる。敗北したとしても特にデメリットはないので、機会があればどんどん対決しよう。
 雀荘メンバー対決の規定試合は10試合。対決の流れは、まずMJ.NETの「プレイデータ→雀荘→雀荘メンバー対決」と進み、対決したいプロ雀士を指定する。その後、対決指定した雀荘で10試合以上こなすと対決判定の対象となる。当月末の24時までにそのメンバーよりも多く収支を稼げば勝利となる。
 収支がメンバーの収支をわずかでも上回ればその雀荘の入場資格以上のゴールドがもらえる。これは収支を引き離すほど多額の報酬が獲得できる。同点は1位の数が多い方の勝利。それも同点なら敗北扱い。報酬の金額が入場資格を最低保証ラインにしている関係上、より高いランクの雀荘で勝利を挙げられれば報酬もその分大きくなる。とはいえ、高レベル雀荘は出入りする他のプレイヤーのレベルも高いので頑張ろう。
 対決指定後、プレイヤーが10試合をこなせなかった場合はその月の対決は無効になる(勝利にも敗北にもならない)が、プロが10試合を消化できなかった場合でもプレイヤーが10試合を消化していさえすれば対決の対象となる。とはいえ、プロが規定試合をこなせなかったのはMJ4EVO時代、東日本大震災で被災した影響による1回だけである。
 また、メンバー対決は勝利報酬を狙うだけでなく、累計5勝ごとに特別アイテムがもらえるチャンスでもある。最大勝利数以上については、もらえるアイテムはまだ不明。これらはカード依存アイテムとなり、そのカードでしか使う事ができない(MJ.NETへの送信不可)。

   5勝:チェリーレインの枠
  10勝:レッドクラウンの背景
  15勝:Bullet from Dimension(BGM)
  20勝:たいへんよくできました(甲・手首)
  25勝:金獅子リング(指)
  30勝:カット!!の枠
  35勝:ボーンブレスレット(甲・手首:男性のみ)
  40勝:牛柄リング(指)
  45勝:狛犬のリング(指)
 (勝利数はMJ4時代から累積されている。MJ4時代は2009年4月からスタートし、2011年5月で終わった為、最高で26勝。MJ5では2011年11月からスタートしている関係上、50勝以上のアイテムはまだ不明)
 対決の注意点としては、いくら月間で多くの収支を稼いでいたとしても、計算の対象になるのは「対決指定後のプレイ」であるという事。対決前にその月で10000G以上稼いでいたとしても、対決指定後に−5000Gを喰らってしまったら、使われる数値は−5000Gである。また、当然ながら雀荘メンバーが所属する雀荘でプレイしないと計算の対象にならない。

(攻略法)
 累積勝利数アイテムを狙う為に報酬金額の多少を無視し、ただ「勝利する事」を目指した場合、この対決には攻略法とも言えるものが存在する。
 まず、月間の収支を競うものである事を最大限に利用する為に、対決指定する日をできるだけ月末まで引っ張る。ギリギリまで指定を引っ張り、月末最終日(あるいはその付近。自分がその月の中で最後にプレイできる日。S闘技場で挑む場合は得意なルールで開いている最後の日)になったらいよいよ対決相手を指定する。指定するのは、自分が入れる(あるいは入っても問題ない:所持金がギリギリの時の高ランク雀荘は、負けて再入場できなくなるリスクを考えると避けた方が無難)雀荘の中でその時点での収支が一番悪いメンバー。マイナスが大きければなお良い。大きく負け越しているメンバーが複数いる場合は、一番高いランクの雀荘のメンバーに挑み、報酬アップを狙おう。
 対決指定後、規定試合数である10試合をプレイ。収支が悪い相手とはいえ、成績を引き離せばそれだけ報酬も上がるのできっちりと挑もう。もちろん負けそうなら頑張って挽回しよう。
 ギリギリまで対決を引っ張るのは、メンバーの収支も刻々と変化する為である。月初に対決相手を指定するのは、よほど腕やプレイ回数に自信がない限りはやめた方が良い。
 なお、普段からMJをプレイする機会が多いメンバーの場合はもっと多くプレイされる可能性があるが、普段あまりプレイ頻度が高くないメンバーは「月間50試合」を基準にプレイする事が多いようだ(イベント参戦を兼任するプロの場合、イベントの試合数も合計して50試合、という事らしい)。月も下旬に差し掛かった頃に、こなした試合数の合計が50試合に到達している場合、そのメンバーの収支はそれ以上動かない事が多い。逆に言えばこなした試合数が50試合未満のメンバーは、収支がマイナスだったとしても挽回の可能性があるという事。こういうメンバーと対決するのは少々リスクを伴う。MJ.NETで対決相手を指定する画面で、その時点での収支が確認できる。順位構成は「プロ雀士情報→今月の参戦プロ(雀荘)」から、対決の目星を付けたプロの戦績を確認。「個人戦績(雀荘)」から参戦対象雀荘の戦績を確認しよう。この画面で順位構成を良く数えておこう。もちろん、対決相手として指定するのは50試合をこなしているメンバーが優先である。こうすれば「変動するメンバーの収支との戦い」を「固定された目標ラインとの戦い」に変える事ができ、目安もつけやすくなる。
 

雀荘収支バトルについて
 2012年7月から、S闘技場を対象に「雀荘収支バトル」が開催されるようになった。これは、S闘技場の月間収支を競うもので、上位50位に入ると虹箱が1個獲得できる。

途中抜けのペナルティーについて
 雀荘モードで途中抜けを行なうと、以下のペナルティーがある。

・4位(三人打ちなら3位)が1回加算。三人打ち雀荘ならスコア−60相当、チップ雀荘なら−45相当の収支減および所持ゴールド減少。
・更にチップルールの場合はチップ−10枚(その試合のチップ収支に関わらず固定?)。それ以外のルールの場合は追加ペナルティーなし。トビ賞マイナスもない。
・更に雀荘メンバー対決対象試合の場合、以上の項目で計算された収支減がそのまま雀荘メンバー対決成績に加算される。


Tips表紙へ戻る