目指せ! アイテムキング

 MJを楽しむ上で欠かせないもの、かつMJシリーズ最大の特長とも言えるのが「アイテムによる自分のキャラのカスタマイズ」。ここではその「アイテム」に関する事柄について解説していく。
 

アイテムとは?
 カードや携帯電話(以下では単に「カード」と称する)を用いてMJをするプレイヤーは全て、14種類存在するうちのいずれか1種のキャラクタを持つ。このキャラクターに色々な装飾を施していく事で「アバター」を形作り、ゲームプレイ中は基本的にほぼずっと画面に表示される。つまり、アバターはMJの世界における「プレイヤーの写し鏡」であり、アバターを装飾する「部品」に当たるものが「アイテム」である。
 アイテムは大きく分けてフェイスアイテム(頭、帽子、メガネ、目元、耳、顔)、ボディアイテム(インナー、アウター、首回り、小物)、ハンドアイテム(爪、指、甲、手首)、その他アイテム(枠、背景、表面、BGM、チャット枠・発声文字)の4つの区分があり、更にその中で()内のような3〜5つのカテゴリーに分かれている。MJをプレイする中で手に入れていくアイテムはこの細かいカテゴリー14種のいずれかに属しており、カテゴリー別に管理していく事になる。ただし、チャット枠・発声文字はMJ4EVOでのみ手に入ったもので、MJ5では新規入手する事はできず(オークションに出品できるので、落札して所持する事はできる)、装備する事もできない。
 アイテムを手に入れるには様々な方法がある。詳しくは後述するが、主な入手法としては対局中に出現する事がある宝箱から入手する、MJ.NET上の様々なコンテンツから入手する、対局中に様々な特殊条件を満たして獲得する、といったところ。
 

ゴールドとは?
 プレイヤーはアイテムとは別に「ゴールド」を獲得していく事がある。これはMJ内での通貨単位のようなもので、対局中の宝箱から手に入れたり、雀荘モードで勝利したり役満を上がったり、リーグ戦で良い成績を出したり、など、色々なシチュエーションで獲得できる。このゴールドが足りないと雀荘モードをプレイできなかったりする大事なものでもある。
 ゴールドは使っているカードにたまっていくものだが、MJ.NETにカードを登録するとカードにあるゴールドをMJ.NETへ移動できる。MJ.NETからはカードのゴールドを直接使用できないので、MJ.NETでゴールドを使用する機会がある場合は、あらかじめゴールドをカードからMJ.NETに移動する作業が必要になる。
 逆にMJ.NET側で獲得・余ったゴールドをカードに送信する事もできるので、カード側でゴールドが必要な場合(雀荘モードなど)はMJ.NETからカードにゴールドを移動しておこう。
 

アイテムキングって?
 MJのアバターを構成する「部品」としては先に挙げた14種のアイテムの他に、「肩書き」というものがある。これは対局中に特殊な条件を満たして入手できるものや、イベントで上位に入賞したり、あるいは対局の結果積み上がった各種カウント数によっていつの間にか獲得していたりと、様々な種類が存在する。
 さて、本題の「アイテムキング」とは何か。これは肩書きの一種であり、この肩書きをつける事ができるようになる条件は「MJ.NETにカードを登録し、カード+アイテム倉庫に所持しているアイテムの数が800種類以上になる」というものである。800種類と聞くと膨大な数に聞こえるかもしれないが、MJに存在するアイテムの数は現在2700種以上にも達しており、総数の3分の1程度に当たる。決して到達できない数字ではないとは言え、ゲームを始めたばかりのプレイヤーが1から集める数としてはかなり長い道のりになる。まずはこの肩書きの下位に当たる「アイテムコレクター(必要数80種)」、「アイテムマスター(必要数300種)」を目指してみよう。
 

アイテムを効率良く集めるには?
 アイテムによるアバターカスタマイズをより楽しむには、やはり所持しているアイテムの数を増やしたい。アイテム所持数を増やす事は間接的に「アイテムキング」を目指す事にも繋がってくる。
 アイテム所持数を増やすといっても、やはり方法を理解していないと効率良く増やす事はなかなか難しい。そこで、ここではアイテムの入手法を大雑把ながら解説していく。
 

【MJ.NETに加入しよう】
 アイテムを増やす上で欠かせない機能が「MJ.NET」。これはゲームセンターにあるMJと連動したインターネットコンテンツで、携帯版・PC版がそれぞれ用意されている。
 MJ.NETへの加入は、カードをMJ.NETに登録するだけなら無料で可能だが、これではMJ.NETの機能の1割も発揮されない。MJシリーズをより楽しむ、アイテム関連の機能を増やしたい、といった場合は有料版に加入しよう。月額400円程度でMJ.NETの機能をフル活用できるようになる。
 MJ.NETへの加入は「アイテムキング」の肩書きの入手条件にもなっているので、この肩書きが目当てであれば加入は必須となる。
 

【アイテム入手法(1):対局中の宝箱】
 MJ5では公式試合になるモードでプレイしていると時折、場に宝箱が最大2個出現する。この宝箱は対局で1位になると獲得できる。この出現抽選は各局ごとに行なわれているが、どうやらモード(対局人数)によって確率が異なるらしい。東風戦よりも半荘戦の方が1試合の中の局数が多くなるので、出現率が高い。
 また、銀箱は特殊役(混老頭・三槓子・二盃口・流し満貫・メンチン・人和)、金箱は役満または数え役満を上がるとすぐさま入手できる。ただし上がりで一度に入手できる箱は1個だけで、グレードの高いものが優先される。メンチン・二盃口を同時に上がっても銀箱は1個、メンチン系の数え役満を上がれば金箱1個の獲得となる。もちろんダブル役満だからといって金箱が2個出てくる訳ではない(MJ3EVOの謎の旅客船内だけ例外で、役満を上がると通常の役満金箱の後にもう1個、謎の旅客船シリーズのアイテムが1つ入った金箱が出てきた)が、同じ試合中の別々の2局で該当役を上がればそのたびに宝箱を獲得できるし、これらの宝箱は場に出現している宝箱とは完全に別個の存在なので、更に対局で1位になれば場の宝箱も獲得できる。
 特殊役や役満を上がった時に出現する宝箱は四人打ち・三人打ちともに共通であり、三人打ちは四人打ちよりも何倍も特殊役・役満を上がりやすい。よって、役を上がる事による宝箱獲得を狙っていく場合は三人打ちの方が圧倒的にお得である。しかしその分、場に出現する宝箱の数は四人打ちの方が多くなっているようだ。四人打ちの場合は少なくとも2試合に1回程度は木箱以上が出現し、半荘リーグなら2個出現する事もざらにあるが、三人打ちだと数試合宝箱出現なし、という事も良くある。

 その他、店舗内イベントの「ミッション競争」や「MJビンゴ!」、「MJスクラッチ」、「ブロック祭」、「ディフェンストライアル」(後ろ3つはVer.Bから追加された店舗内イベント)で獲得する事もできるし、全国イベントの特典としても入手する事ができる。
 なお、参考試合になるモードでプレイした場合は特殊役で宝箱を獲得する事はできないし、場に宝箱が出現する事もなく、ミッション競争などの対象になる事もない。ただしシングルモードではミッション競争の対象にはならないが、特殊役で宝箱を獲得する事もでき、場に宝箱が出現する。

 それぞれの箱の中身は通常、
 金箱を獲得:ノーマルアイテム・レアアイテム・金メダル×1のいずれか
 銀箱を獲得:ノーマルアイテム・200G・300G・銀メダル×1・月間限定アイテム(最大月間3個)のいずれか
 木箱を獲得:50G・100G・150G・銅メダル×1・チャレンジ巻物のいずれか
 スペシャル宝箱(虹色)を獲得:レアアイテム(極めて高い確率)・ノーマルアイテム(「極めて高い確率」」に外れた場合)・金メダル×1(全てのアイテムを持っている状態で獲得した場合のみ?)のいずれか

 となっている。木箱から手に入る巻物は「チャレンジ巻物」と呼ばれ、巻物に書かれた様々な条件を対局中にクリアする事により、アイテムを獲得できる。これについては当ページの別記事で詳しく解説している。
 なお、「スペシャル宝箱」とは基本的にイベント特典で、不定期に開催される全国イベントで入賞・優勝すると獲得できる。その他、2012年7月からは雀荘モードのS闘技場で、月間収支が50位以内に入ると1つ獲得できる(ただしカードに獲得するのではなく、MJ.NETのアカウントに獲得される為、開封する時に持っていたアイテムによって出現するものが変わる事はない)。公式では「極めて高い確率でレアアイテムが入っている」と謳われているが確率は100%ではないらしく、ノーマルアイテムが入っていたという報告もあった。

 ただし、宝箱やその中身に関しては以下のような特例がある。
・チャレンジ巻物所持中(または消化し切って結果を受け取った試合)、あるいはシングルモードで木箱からチャレンジ巻物が出る抽選に当たった時は100Gに変化する。また、店舗内イベントで手に入れた木箱からはチャレンジ巻物が出てこない(=100Gも出ない)設定になっている。
・スペシャル宝箱は、対局中に役満を上がったとき、金箱の代わりに出てくる事もある。出現した場合、獲得したアイテムはレアアイテムと思って間違いない。レア度が☆4つのアイテムはこの形でないと出現しないという話もあるが、実際は? 四人打ちにおいて役満を上がると出現しやすい? ただしスペシャル宝箱が出てこない事例を確認しているので確実ではない。
・MJ5EVOから、ある月に銀箱からしか入手できない限定アイテムが登場するようになった。毎月3個存在し、対局・店舗内イベントの銀箱、チャレンジ巻物から3分の1の確率で1つ出現する。3つ獲得すればコンプリートとなり、その月はもう出現しなくなる。3分の1の抽選に外れれば通常のアイテムが出る可能性もある。この限定アイテムは送信・売却などができず、月が変わると宝箱からは入手できなくなる。送信・売却などの制限は次月以降解禁され、その時に出品もできるようになるので、足りないアイテムを落札するチャンスもある。

 チャレンジ成功によるアイテムにしろ、通常対局中に得られる宝箱から獲得するアイテムにしろ、ノーマルアイテム(銀箱・金箱から出現)・レアアイテム(金箱からのみ出現)は通常、カードに入っていない(MJ.NETのアイテム倉庫にあるアイテムは「入っていない」と扱われる)アイテムの中で使用キャラが装備できるものが出現する。つまり大事なのは、これらの宝箱から獲得できるアイテムは、今現在自分が持っているアイテムと同じアイテムは出現しないという事。例えば枠アイテム「うさぎの枠」をカードに所持している場合、銀箱・金箱からどんなにアイテムが出てきたとしても「うさぎの枠」は出てこない。ただしカードからMJ.NETに「うさぎの枠」を送信してカードに持っていない状態になると、「うさぎの枠」が再び出現する可能性がある。
 しかし使用キャラが装備可能な宝箱アイテムが残り30〜40個程度より少なく(このボーダーラインは詳しい事が分かっていないが、つかCの大体の経験則でこの辺りかと)なると、他のキャラ用のアイテムも抽選対象に入り、獲得できるようになる。レアアイテム・ノーマルアイテムはそれぞれ別枠で考えるので、金箱からレアアイテムが出てくる場合、使用キャラの残りレアアイテムが30個程度より少なくなっていると他のキャラ用のレアアイテムが出る可能性がある。逆に言うと、このボーダーラインに到達すると、自分のキャラで使用できないアイテムが出てしまう可能性が出てくるとも言える。このボーダーラインは、ノーマルアイテム、レアアイテムのそれぞれで判定されている模様。
 更に、MJ5からはカードに入っているアイテムも重複して出てくるようになった。MJ5稼働初期はどのプレイヤーも重複の可能性が常につきまとっていたが、Ver.Aからは上記のボーダーラインに達する辺りから重複の可能性が出てくるように変更されている。重複としたアイテムはカードに新しいものから32個まで持つ事ができ、33個目の重複アイテムを手に入れた場合は一番古い重複アイテムが消去される。もったいないので、重複したアイテムはカードから送信してオークションに出品する、あるいはショップで売るなどしておきたい
 これを回避したい時は、アイテム倉庫に装備可能なアイテム(使用しないもののうち、アイテムオークションで高く売れるものが望ましい)をアイテム倉庫に送信し、カードに持っていない状態にする。これにより装備可能なアイテムが残り50個以上?ある状態になれば、再び自分のキャラ用のもののみが出てくるようになる。結果としてアイテムがダブる事になるかもしれないが、そうなったらダブった分をオークションで売却して他のキャラ用の安いアイテムを買い進めるなり、雀荘モードの資金にするなどしよう。
 

【アイテム入手法(2):対局中の特殊条件の達成】
 アイテムの中には、通常の場に出現する宝箱から手に入れる事ができるアイテムの他に、対局中に特殊な条件を満たす事で入手できるアイテムも存在する。これらは主に「プレゼントBOX」で授与され、2012.7.10からは宝箱履歴とは別枠で確認するようになった。

・雀荘モードのそれぞれの雀荘で4連勝を達成する
 MJ5の「雀荘モード」にはランクやルールが違う雀荘が多数存在する。これらの雀荘で対局し、見事カードを抜かずに4連勝を達成するとその雀荘特製のアイテムを獲得する事ができる。これらは各雀荘に7個ずつあるので、4連勝を7回達成すると雀荘特製アイテムを全て揃えた事になる。Ver.Bからは更に「デイリースコア+300相当(チップは1枚で±5換算)」という条件も加わり、どちらかで達成すれば良くなった為、少し手に入れやすくなった。更に、雀荘レベル一定数値に到達、月間収支が+500相当に到達するとまた別のアイテムが手に入る。

・「雀荘メンバー対決」で累積5勝を達成する
 MJ.NETでは雀荘モードをより楽しむ為の「雀荘メンバー対決」という機能がある。これについては詳しくは別記事にまとまっているのでそちらを参照願いたいが、このメンバー対決で累積5勝するごとにこれでしか手に入らない特別アイテムを獲得できる。

・スタンプを一定数ためる
 MJで時折行なわれる「全国イベント」では、プレイした結果により「スタンプ」がもらえる。このスタンプは20個ためるごとにアイテムを獲得できる仕組みになっており、また、20個単位ではない5個単位をためるごとにメダルを獲得できる。このスタンプからもらえるアイテムは20・40・60・80・100個目までがスタンプでしか獲得できないアイテム、それ以上がノーマルアイテム(装備可能かどうかに関わらずランダムで1つ。ただし頭・インナーが多い?)となる。ただしスタンプ20個によるノーマルアイテムは、一定のスタンプ数?(出現する予定のアイテムが重複アイテムだった場合?)からは銀メダル5枚になる。

・全国イベントで一定の条件を達成する
 全国イベントではスタンプ・入賞報酬の他、特別な条件でアイテムが手に入る事がある。例えば、大会に特別ゲストが参戦する事があり、それにちなんだ条件でアイテムが手に入るチャンスがある事もある。例えば決勝で団体戦にエントリーしてくるゲスト団体などに対し、団体成績が上回ると特典アイテムが獲得できる。特にプロ雀士団体との対決は、相手が強敵という事もあり勝つのが難しい。逆に勝てば希少なアイテムを手に入れる事になるだろう。
 また、Ver.Bからイベントに「特別ミッション」が設けられる事がある。これは、対局で特別な条件(何かの役を上がる、連勝する)を達成するとアイテムを獲得できる、というもの。そのイベントでしか手に入らないので、場合によってはイベント成績を無視しても狙っていくべきかもしれない。

・「チャレンジ」に成功する
 対局中の木箱から稀に出現する「チャレンジ巻物」の条件を見事達成するとアイテムを獲得する事ができる。イージーチャレンジとチャレンジを成功するとノーマルアイテムが、エキスパートチャレンジを成功すると、エキスパートチャレンジ成功でしか手に入らないアイテム群のアイテムから1つ手に入れる事ができる。後者は成功確率も出現確率も低く、かなり貴重な品となっている。エキスパートチャレンジアイテムはプレゼントBOXで授与される。チャレンジについて詳しくは別記事にまとまっている。

・メダル交換所でメダルをアイテムに交換する
 MJ5にはアイテムやゴールド以外に、たくさん集めるとアイテムと交換する事ができる「メダル」が存在する。メダルは一定数集めるとMJ.NETの「メダル交換所」でアイテム交換する事ができる。このアイテムはカード固有の所持アイテムとなり、アイテム倉庫に送信したり他のカードに譲渡する事ができない。また、メダル自身も送信・譲渡ができない仕組みになっている。なお、MJ5稼働当初は1種類につき255枚が限界所持枚数だったが、現在は2147483647枚、すなわち約20億枚。実質無限に所持できるようになった。よって、昔のように銀メダルを255枚持っている時に、イベントスタンプの結果で+5枚をもらったとしても、過剰分が切り捨てられてしまう事がなくなり、過剰になりそうなメダルをアイテム・上位メダルに無理に変える必要がなくなった。
 メダルは金・銀・銅の3種類があり、それぞれの種類で違うアイテムが獲得できる。メダルを集めるには、以下の方法がある。以下の通り、金メダルと銀メダルは相互に交換できるが、銅メダルと銀メダルは銅→銀のみで、銀→銅は不可。

金メダル:
・イベントスタンプを一定数(15+20の倍数[0・20・40・・・]:例えば15・35など)集めると1枚獲得。
・対局で金箱を獲得すると稀に1枚獲得。
・プロリーグでS1に所属し、かつレベルアップボーダーに達すると次の入れ替え時に1枚獲得。
・メダル交換所で銀メダル10枚と交換すると1枚獲得。

銀メダル:
・イベントスタンプを一定数([5または10]+20の倍数:例えば5・10・25など)集めると5枚獲得。
・対局で銀箱を獲得すると稀に1枚獲得。
・メダル交換所で銅メダル10枚(1枚獲得)、または金メダル1枚(10枚獲得)と交換する。

銅メダル:
・店舗内イベント「イーピン祭」に参加し、一筒をたくさん引く。引いた枚数に応じて最大25枚獲得。
・対局で木箱を獲得すると稀に1枚獲得。

・ショップで購入する
 MJ.NETには「ショップ」という項目がある。これは一部のノーマルアイテムやMJ.NETでしか手に入らないアイテムを、倉庫からゴールドを支払う事で自分のものにする事ができるショップである。ここでは自分のアイテムを売却する事も可能だが、売却しても大きなゴールドは見込みづらくもったいないので、MJ.NET上のオークションで売却するよう心掛けよう。なお、プレイヤーがどこかのチームに所属している場合、販売価格が最大10%割引になる特典も用意されている。
 ショップの利点はゴールドさえあればアイテムをすぐに手に入れられる事。欠点はMJ.NET専用アイテム(入手手段が「ショップ」になっているもの)以外は全てノーマルアイテムという事で、いずれ宝箱から出現する可能性があるものしか並んでいないという事。もっともこれは逆に考えると、先に購入してしまえばしばらく宝箱から出現しなくなるという事でもある。宝箱から出現するアイテムはほとんどがオークションに出品できる上に、これらは落札価格の上限が事実上決まっており(ショップ価格より高く落札するくらいなら、ショップで購入した方がお買得である=上限はショップ価格)、ここで購入するよりもオークションで落札した方が安く済む場合も多々あるので確認は必須。しかし購入できるアイテムは先に購入しておけば、あまり大きい落札金額を見込めないアイテムを先に埋められる事にも繋がる。ショップに並んでいるアイテムのうち、特に装備できる宝箱アイテムは早いうちに購入、あるいは落札しておこう。
 

【アイテム入手法(3):MJ.NETのコンテンツ】
 MJ.NETには様々なコンテンツがあるが、中でもアイテムに関連するのが以下に挙げるコンテンツである。MJ.NETで入手できるアイテムは基本的にMJ.NETでしか入手できない。

・サイコロ街
 MJ.NET内のミニゲーム「サイコロ街」をプレイしていくとアイテムを入手していく事ができる。詳しくは当ページのコンテンツを参照して欲しい。

・クーポン
 MJ.NET上では様々な機会で「クーポン」を入手する事ができる。このクーポンは複数枚集める事で「クーポン交換所」でしか手に入らないアイテムを獲得する事ができる仕組みになっている。こちらも詳しくは当ページのコンテンツを参照して欲しい。

・マイレージ
 カードをMJ.NETに登録した状態で1試合でもプレイすると、「マイレージポイント」を獲得できる。MJ5Ver.Aまでは1日1マイルが上限だったが、Ver.Bからは1試合ごとに1マイル(半荘では2マイル、トーナメントモードでは3マイル)獲得する事ができる。このマイルとゴールドを併用する事で「マイレージショップ」でしか手に入らないアイテムを獲得できる。また、2012.6.19からは「マイレージガチャ」というマイレージポイントを使用したアイテムカプセルも登場。これについては「当ページのコンテンツを参照して欲しい。

・オークション
 オークションとは、自分が所持するアイテムを出品してゴールドを獲得する場である。また、MJ.NETに送信しておいたゴールドを使って出品されているアイテムを落札し、カードに送る事でアイテムを増やす事ができる場でもある。
 ここで出品されているアイテムは基本的に宝箱から出現するアイテムがほとんどだが、一部それに該当しないアイテムも存在している。当ページの「アイテムリスト」を参照し、「出品可」になっているアイテムが出品される可能性(あくまで可能性。昔の希少アイテムを中心に出品がないアイテムも多々ある)があるものになる。MJ.NETのショップで販売されているアイテムは先に確認をし、販売価格以上で落札したりしないようにしよう。

・その他
 MJ.NET上では時折「キャンペーン」が開催される事がある。このキャンペーンは不定期に行なわれるが、その時にしか手に入らないアイテムが手に入る事がある。見逃すと後からの入手が非常に難しくなってしまう場合もあるので、見逃さないようにしたい。

・ログインボーナス
 2013年6月27日から、MJ.NETにログインした日数に応じて「ログインボーナス」が獲得できるようになった。有料会員の場合はゴールド・クーポン・アイテムの3種が、無料会員の場合はアイテムのみが累計ログイン日数に応じて入手できる。ログインは連続である必要はない。現在のところ、獲得できるものは以下の通り。なお、特典は受け取らずに貯めておく事もできるが、受け取るときは全て一括で受け取る事になる。
  1日:300G
  5日:クーポン1枚
 10日:300G+クーポン1枚+10日ログイン記念の枠(EX枠)
 20日:クーポン1枚
 30日:クーポン1枚
 40日:クーポン1枚
 50日:300G+クーポン1枚+50日ログイン記念の枠(EX枠)
 60日:クーポン1枚
 

オークションを使った宝箱アイテムの効率良い増やし方
 MJ.NET内の「オークション」を上手く使うと、宝箱アイテムを効率良く集めていく事ができる。というよりも、これを上手く使えるかどうかで、アイテムキングへの道のりが大きく変わってくると言っても過言ではない。

 まず、宝箱から出現するアイテムの出現法則について、大事な点を覚えておこう。それは、宝箱アイテムの出現抽選について参照されているフラグは、出現予定のアイテムがノーマルアイテムorレアアイテムか、(重複する可能性が出るほど大量のアイテムを持っていない限り)既にカードに所持しているアイテムか否か、という2つだけであるという事。つまり、最近のアイテム追加で追加されたアイテムも、MJ1の初期から存在するアイテムも、MJ内部で「ノーマルアイテム」と設定されているのであれば、自分が所持していない限りは出現確率は等確率なのである。新しいアイテムだから出にくい、という事は決してなく、例えば自分が持っていないアイテムが100種で、そのうち1つが最新のアイテム、もう1つがMJ1からのアイテムだったとした場合、どちらのアイテムも出現確率は100分の1になる。
 これを踏まえて、オークションによる宝箱アイテム増やしの手法を解説する。といっても大した事はない。単純に、高く落札されるアイテムを手に入れたらそれをオークションに出品し、落札されて得たゴールドで安く落札できる宝箱アイテム複数集めていく、というものである。

 まずは何かアイテムを手に入れないと始まらないので、プレイして宝箱からアイテムを獲得する。見事にアイテムを獲得したら、どんなアイテムなのか、当ページの「アイテムリスト」を参照してみる。「宝箱-ノーマルアイテム」あるいは「宝箱-レアアイテム」であり、かつ「出品可」になっていればMJ.NETに送信してオークションに出品しようと試みてみよう(もし掲載されていないアイテムだったらつかC宛に是非情報を頂きたい)。これでそのアイテムの最近5件の落札履歴が分かり、大体いくら程度で落札されているかを把握する事ができる。この時、「最近5回の落札価格のうち、一番低い金額の更に6割の金額」(あまりに高く、あるいは安くかけ離れた結果が1件ある場合はそれを除外して考えた方がよい)を覚えておこう。もし落札履歴が5件に満たないアイテムだった場合は比較的新しいアイテムであると推測されるので、先に出品して高く売ろうとするか、5件埋まるまで待ってみて平均価格を確認するか、プレイヤー個人の判断になる。
 次に、自分が装備できる未所持アイテムのうち、一番安いものの落札価格を調べてみる。「オークション→キャラ別(自分が使用しているキャラの種類)に絞って検索→所持アイテムは表示しない→落札価格高い順→落札価格低い順」と進めば、最近5件の落札価格の平均が一番安いアイテムが一番最初に来る。このアイテムをチェックし、先ほど覚えた金額で落札が可能でありそうなら(狙う目安は最高値が基本)、手に入れたアイテムを出品し、落札されて得たゴールドで狙った安いアイテムの落札を狙おう。無事落札できればカードに送信してアイテムを回収しよう。

 ここに1つ実例(に近いもの)を出そう。

 対局中に銀箱からあるアイテムを手に入れた。好んで装備するようなアイテムではなさそうなのでオークションで出品してみようとしたところ、最近5件は全て10000G以上で落札されていた。更に自分の未所持品をオークションでチェックしたら、2000Gで落札できそうなものが3つあった。
 そこで入手したアイテムを出品したところ、10000Gで落札された。手数料を引いて7000Gが手元に残ったので、これを元手に先ほど目を着けたアイテム3つを2000Gずつで落札した。落札したアイテムはカードに忘れずに送信した。

 この操作を行なった事で、最初に手に入れた銀箱の中身が「アイテム1つ」だったものが「アイテム3つと1000G」に化けた事になる。更に、最初に手に入れたアイテムはカードに残っていないので、これからのプレイでまた出現する可能性がある。また出現させられれば10000Gで落札されて7000Gを獲得できる可能性がある。それよりも重要なのが、落札した安いアイテム3つが出現する事がなくなった、という点。カードに存在する状態を作った事でアイテム出現抽選テーブルから外れる事になるので、「次に引くアイテムの落札価格期待値」をアップさせた事になる。
 これを繰り返す事で、獲得できずに残っている宝箱アイテムの価値を高めていく事ができる。

 この方法で注意しなければならない点が4つある。

(1)アイテム倉庫に残っているアイテムは、カードに送信しない限りは宝箱から出現する
 プレイ前に前日の入札結果を確認しなかったばかりに落札していたアイテムを宝箱から出現させてしまった、という事や、次の日に落札できそうなアイテムを先に入札したところ、その日のプレイで狙ったアイテムが出現してしまい、次の日に落札も成功してしまって被るというシチュエーションが良くある。更に、これは全国イベントで良い結果を出し、特典宝箱を獲得した時などに起きやすいミスでもある。特典が獲得できる成績を出したので、特典宝箱の中身を良くしたいからとアイテムの落札に精を出したはいいが、落札したアイテムを送信する前に特典宝箱を受け取るはめになり、結果貰ったアイテムが落札したばかりのアイテムと被ってしまう、という流れである。
 このような事態を避ける為には、「落札結果の確認はその日のプレイ前に忘れずに行ない、落札できたアイテムは速やかに送信する」、「次の日の落札を狙うアイテムへの入札は、その日のプレイが終わってから行なう」、「次の日がイベント結果受け取りの初日である場合は、結果を受け取るまで入札を行なわない」といった事が大事である。

(2)宝箱から出現するアイテムの中にも出品できないものがある
 以下に挙げる48のアイテムは宝箱から出現するノーマルアイテムだが、俗に「MJ2デフォルトアイテム」と呼ばれている。これらはオークションに出品する事ができない

(インナー)
ウエスタンシャツ・カットソー・シルクシャツ・ジップアップパーカー・セーター・タートルネックセーター
つなぎスーツ・詰襟のシャツ・トレーナー・ノータイシャツ・ハイネック・半袖タンクトップ
パーカー・フェイクレザーシャツ・フリルロッカーシャツ・ブラウス・ボートネックノースリーブ・ボートネックブラウス
ポロシャツ・ラグランスリーブTシャツ・ラグランボタンフライ・Yシャツ・Yシャツ+サスペンダー・ワンピース2

(頭)
アイロンパーマ・頭巻きタオル・アップ・ウルフカット・オールバック前髪ハラリ・オールフロント
角刈り・クールミディアムヘアー・爽やかホストヘアー・スポーツ刈り・セミショート・ソフトモヒカン
ドレッドヘアー・ニット帽2・跳ね髪・ハンティング帽・パンチパーマ・ピン留めボブ
ふわふわパーマ・ベリーロング・坊主頭・ミディアムボブヘアー・ミュージシャンミディアムロング・メッシュ

 これらのアイテムがオークションに並ぶ事はない。逆に言えば。これらのアイテムを手に入れても出品はできない。という事は、これらのアイテムが出現すると、オークションを利用したアイテム転がしがしづらくなって困る事になるので、これらのアイテムは優先的に埋めておこう
 これらのアイテムは全てMJ.NETショップにも並んでいるので、早いうちにゴールドを用意して購入・送信しておきたい。入手の優先順位は、オークションで一番安く手に入るノーマルアイテムよりも更に上になる。まずは自分のキャラが装備できるものを最優先で揃えて、次に余裕ができた時に装備できないものを揃えておこう。
 また、同じく送信できない宝箱アイテムに「戦場のヴァルキュリア・イーディヘア」があるが、これは宝箱から出現させる以外に入手方法がない。初出現がMJ4のものであり、アイテムトレードに回す事ができる可能性もある。人によっては数千ゴールドと交換してくれる場合もあるので、MJ.NETに慣れてきたらチャレンジしてみるのも一興。
 

(3)レアアイテムは入手が難しいからレアアイテムなのである
 ・・・これは言葉の通りなのではあるが分かりづらいので解説。
 レアアイテムとは、対局中に金箱からしか出てこないアイテムの総称。金箱は銀箱よりも入手が数段難しいので、これで手に入れたレアアイテムは大事にしたい。
 具体的には、レアアイテムを出品して得たゴールドでアイテム転がしを狙うのであれば、必ずレアアイテムを1つは含めた転がし方をしよう。例えば上記の実例で、最初に出品するものがレアアイテムだったとして、同じように10000G落札→7000G獲得だったとしよう。この7000Gで落札を狙うべきなのは「2000Gで落札できるノーマル3つ」ではなく、「7000Gで落札可能なレアアイテムのうち、一番安いもの1つ以上」なのである。また、最安値のアイテムを調べる際もただ単に金額を見るのではなく、「レアアイテムかどうか確認する作業」をしてから金額を見るべきなのである。その上で余るゴールドでノーマルアイテムを狙うのは問題ないし、ノーマルアイテムを出品して得たゴールドでレアアイテムを落札しにいくのはむしろ積極的に行なうべきである。
 また、同じ金額で落札できそうなものが2種類あり、片方がレアアイテム、もう片方がノーマルアイテムである、といった時に狙うべきは当然レアアイテムである。2割程度上乗せすれば落札を狙えるのならば先に埋めておきたい。ノーマルアイテム同等の価値しかないレアアイテムを金箱から引いてしまうのはもったいないのである。
 

(4)等価交換では意味がない
 アイテム転がしを狙う意味は「MJシステム上での宝箱の価値」を上げる事にある。これは分かりやすく言えば、「アイテム1つ」を出品し、落札された金額全部か、それ以上を使って「アイテム1つ」を落札していては意味がないという事である。アイテム1つを出品する以上、手元には「アイテム2つ以上」、最低でも「アイテム1つとそれなりのゴールド」が残るようにしたい。先ほどの実例で言えば、7000Gを回収して7000G以上のものを買うのは(そのアイテムをぜひとも装備したい、という事でなければ)無意味な事である。
 落札予想金額でアイテム1つしか手に入れられそうになければ、数千ゴールドでも、あるいは数百ゴールドでも手元に残るように計算しよう。この残ったゴールドは、次回同じような機会があった時に半端分のゴールドどうしを合わせてアイテム1つにできるかもしれない。つまり、「アイテム0.??個分」になる可能性を秘めたゴールドなのである。
 

特別コーナー1:稀少アイテムの数々
 MJの世界には「非常に数が少なく、手に入れにくいアイテム」、いわゆる真の意味のレアアイテムが存在する。しかしレアアイテムと言えど、MJの世界には厳然と存在し、それを所持している人たちがいる。ここでは、そんな「希少なアイテム」と呼ばれるものをまとめてみた。数量が正確に、あるいは大体確定しているものもあれば、「数が少ない」という事しか分かっていないアイテムもあるので御注意。主に、MJ5に入ってから行なわれたプロとの団体対決イベントの勝利アイテムが多い。5個単位でないのは、4人構成の団体が勝利していたり、規定試合未消化で受け取る権利がなかったりした為である。実際はMJ.NET未加入者も混ざっている場合があり、存在数はこれより少ない可能性もある。

1個:アラビアン(枠)
2〜3個:花束
(この間のどこか?):シルバー(枠)、森林浴(背景)、縁無し眼鏡、青竹の背景
10個:扇風機の枠・夏の日のもみじ(背景)
18個:消火器の枠
25個:ランの枠
38個:サンバーストシルバーバングル
55個:フルーツ盛り合わせ(背景)
(この間のどこか?):リバーシの背景、ビーチボール、控えめモヒカンなどのMJポケット2のアイテム
90個:カラスの背景
(120個前後?):麻雀牌ブレスレット、にこにこ招きネコリング
150個:シルバーリッジリング
番外:イチゴとホイップの枠・・・第3回咲-Saki-CUPの団体戦決勝でプロ団体に勝利するともらえるアイテムの予定だったが、プロ団体が優勝し、同点の団体もなかった為獲得団体がなかった。その為、データ上の登録はあるが存在数は0個という状態だった。その後、第27回全国大会の個人勝利アイテムに回され、結構な数が配布された。
番外:覚醒する力の枠・・・ムダヅモ無き改革CUPの四人打ち団体戦決勝でプロ団体に勝利するともらえるアイテムの予定だったが、イチゴとホイップの枠と同様にプロ団体が優勝した為獲得団体がなかった。後日開かれるた第34回全国大会の個人対決の商品に回され、それなりの数が出回った。
番外:アンティークブルーの枠、激炎(枠)、船出(背景)、ゆうやけこやけ(背景)・・・MJ3EVOの認定雀士の一部にのみ配られたアイテムで、当初の存在数はそれぞれ10個程度だった。MJ5Ver.Bになり、入手手段が「宝箱-レアアイテム」に設定され、一般に入手する事ができるようになった。

 その他、MJ3EVOにしか存在しなかった雀荘(雀荘牌道場など)の4連勝アイテムなども存在数が少なくなっているが、カードから送信できないものも結構多い。
 

特別コーナー2:トレードを活用する
  どうしても手に入れたいアイテムがある。しかし入手が非常に難しい・・・
  エキスパートチャレンジを見事成功したのに、手に入ったアイテムが自分のイメージと違った・・・
 など、アイテムを集める上でどうしても自分だけでは如何ともし難いシチュエーションがある。そんな時はどうするか。他のMJプレイヤーの力を借りてみよう!
 ・・・という訳で生まれた手法が「トレード」。MJヘビーユーザー向けの手法である。

 トレードの基本的な手法は、簡単に言うと
  自分がアイテムをカードに送信した状態でカード登録を解除
  ↓
  相手にカードを登録してもらい、相手はカードからアイテムを受信
  ↓
  相手は登録を解除し、自分は再びカードを登録
 を、それぞれのプレイヤーが相手のカードを使って行なうものである。
 これは先にも書いたように、MJヘビーユーザー向けの、メーカー非公式のアイテム交換法である。人との1対1の取引が発生する為、少なからずリスクも存在する(カードの紛失・破損、アイテムを不測に失ったり、詐欺に遭って奪われたり、など・・・)。詳しくはアイテムトレードを目的とするサイトも存在するので、そちらを覗いてみるのも良いだろう。
 

特別コーナー3:サブカード・複数アカウント
 MJ.NETには「メインカード(普段自分がよく使うカード)」と「サブカード(普段自分がたまに使うカード)の2枚のカードを同時に1つのアカウントに登録する事ができる。これは、カードを2枚持っているプレイヤー向けの機能で、2枚のカードを同じMJ.NETアカウントに登録しておく事でカードの管理をしやすくするのが目的になっている。
 では、何故こんな機能が必要なほどカードを2枚持っているプレイヤーが存在するのか? それは、サブカードを持つ事にもそれなりのメリットがあるからである。
 サブカードを持つ事のメリットとしては、
 ・イベントに2枚のカードを使って参加する事により、両方のカードでイベントの好成績を狙い、特典を2倍得る。
 ・メインとしているカードでやる事がなくなった(リーグ昇格が確定した、あるいは段位の都合などでプレイしない方が良い、など)時、あるいは気分転換にサブカードを使ってプレイする。
 ・メインカードとサブカードで使うキャラを変える事で、それぞれのキャラのアイテムを入手していく。
 ・雀荘メンバー対決を2つのカードでそれぞれ対決する事で、勝利報酬のゴールドを2倍狙う。

 逆にデメリットは
 ・2つのカードを使っていくので、プレイ料金も2倍近くかかる。
 ・アイテム集めの為に2つのカードを用意すると、それぞれのカードで入手キャラがばらけるので1つのキャラには特化しにくい。
 ・プレイ時間が分散するので、メインカードの段位の昇格がそれだけ遅くなる。リーグ戦やイベントにかける時間も取りにくい。

 といったところである。
 対して、「複数アカウント」というのは、主にPCのユーザーがMJ.NETのアカウントを複数取得し、同時に使っていくものである。メールアドレスが複数個必要で、かつMJ.NET使用料はもちろん2倍かかるが、通常なかなか溜められないクーポンも2倍の速度で溜められる。この場合の異なるMJ.NETアカウント間のアイテム移動は、トレードの手法と同じくカードの登録解除→もう片方のアカウントに再登録、という方法を使う事になる。マイレージは、100マイル(30マイル)以上獲得するほどプレイする場合はサブカードを2つ目のアカウントに登録したりメインアカウント1つに集約したり、状況に応じて使い分ける必要があるだろう。

特別コーナー4:勲章
 MJ5EVOから新しく「帽子」・「表面」のカテゴリーが登場した。更にそれ以外に、アバター装備アイテムとは別に「勲章」というカテゴリーも増えている。これは主に全国イベントの結果により授与される特別なアイテムで、常にネームプレートに重ねて表示される。従来の肩書きに近いものだが肩書きとは別に存在しており、MJ1のプレイヤーには「トロフィー」が復活した、と言えばピンと来るだろうか。
 勲章には「金・銀・銅」の3つのランクがあり、四人打ちの場合は赤、三人打ちの場合は青いリボンがついて区別される。金の勲章はイベント決勝で入賞以上、銀の勲章は入選、銅の勲章はMJ賞(またはそれに準じた特別賞)の成績を収めると獲得できる。入賞しないと得られない肩書きとは違い、ランクにこだわらず入手するだけなら条件は緩め。
 勲章についてはまだ実装から日が浅く、保持個数や装備の優先度など、分からない点が多い。順次追記していく予定。


Tips表紙へ戻る