全国イベントについて

全国イベントとは?
 全国イベントとは、MJ上で不定期に開催される大会形式の特別モードの事である。一般的に、参加するには開催時にオープンされる「全国イベント」というモードにエントリーする。
 参加し、一定条件を満たす事で参加賞としてスタンプと宝箱がもらえ、更に好成績をおさめると更なる特典として特別な肩書き、経験値(10段以下)や幻球水(強者以上)、およびより良い宝箱が獲得できる。
 MJ5EVOになって開かれた(開かれている・開かれる予定の)大会の履歴は、公式ページを参照しよう

獲得できる特典について
 獲得できる経験値・幻球水、およびもらえるスタンプ・宝箱の数については開催時に公式ページに掲載されるので、確認しておこう。基本形は以下の通り。なお、ここで記載されている幻球水の量は、者・王クラスを基準にしている。龍・神クラスはもらえる量が半分に、雀クラスは4分の1、最強位クラスは8分の1になる。

【決勝一発勝負の全国大会系イベント(第1回皐月大会より前)】
 優勝:経験値+600or幻球水+12.0、虹宝箱×3、スタンプ20
 入賞(2〜50位):経験値+400or幻球水+8.0 、虹宝箱×1+金宝箱×2、スタンプ12
 入賞(51位以下):経験値+300or幻球水+6.0 、虹宝箱×1+金宝箱×2、スタンプ12
 入選:経験値+150or幻球水+3.0 、金宝箱×2、スタンプ6
 MJ賞:経験値+100or幻球水+2.0 、金宝箱×1、スタンプ2
 参加賞:銀宝箱×1、スタンプ1

【決勝一発勝負の全国大会系イベント(第1回皐月大会以降)
 優勝:経験値+600or幻球水+12.0、虹宝箱×3、スタンプ20
 入賞(2〜50位):経験値+400or幻球水+8.0 、虹宝箱×1+金宝箱×2、スタンプ12
 入賞(51位以下):経験値+300or幻球水+6.0 、虹宝箱×1+金宝箱×2、スタンプ12
 入選:経験値+150or幻球水+3.0 、金宝箱×2、スタンプ6
 MJ賞:経験値+50or幻球水+1.0 、金宝箱×1、スタンプ2
 参加賞:銀宝箱×1、スタンプ1

【Rバトル】(2012年9月からスタートしたイベント)
(R1800未満部門)
 1位:経験値+400or幻球水+8.0 、虹宝箱×1+金宝箱×2、スタンプ10
 入賞(2〜50位):経験値+300or幻球水+6.0 、金宝箱×2、スタンプ6
 入賞(51位以下):経験値+200or幻球水+4.0 、金宝箱×2、スタンプ4
 入選:経験値+100or幻球水+2.0、金宝箱×1、スタンプ3
 予選通過:経験値+50or幻球水+1.0、銀宝箱×1、スタンプ2
 参加賞:銀宝箱×1、スタンプ1

(R1800以上部門)
 優勝:経験値+600or幻球水+12.0、虹宝箱×3、スタンプ20
 入賞(2〜50位):経験値+400or幻球水+8.0 、虹宝箱×1+金宝箱×2、スタンプ12
 入賞(51位以下):経験値+300or幻球水+6.0 、虹宝箱×1+金宝箱×2、スタンプ12
 入選:経験値+200or幻球水+4.0 、金宝箱×2、スタンプ6
 MJ賞:経験値+100or幻球水+2.0 、金宝箱×1、スタンプ2
 参加賞:銀宝箱×1、スタンプ1

【予選・決勝の2回開催タイプの全国大会系イベント】(2012年1月の第23回全国大会以降)
(予選)
 1位:経験値+400or幻球水+8.0 、虹宝箱×1+金宝箱×2、スタンプ8
 入賞(2〜50位):経験値+300or幻球水+6.0 、金宝箱×2、スタンプ6
 入賞(51位以下):経験値+200or幻球水+4.0 、金宝箱×2、スタンプ4
 入選:経験値+100or幻球水+2.0、金宝箱×1、スタンプ3
 予選通過:経験値+50or幻球水+1.0、銀宝箱×1、スタンプ2
 参加賞:銀宝箱×1、スタンプ1

(決勝)
 優勝:経験値+600or幻球水+12.0、虹宝箱×3、スタンプ20
 入賞(2〜50位):経験値+400or幻球水+8.0 、虹宝箱×1+金宝箱×2、スタンプ12
 入賞(51位以下):経験値+300or幻球水+6.0 、虹宝箱×1+金宝箱×2、スタンプ12
 入選:経験値+200or幻球水+4.0 、金宝箱×2、スタンプ6
 MJ賞:経験値+100or幻球水+2.0 、金宝箱×1、スタンプ2
 参加賞:銀宝箱×1、スタンプ1

【予選・決勝の2回開催タイプの全国大会系イベント】(第3回近代麻雀CUPまで)
(予選)
 1位:経験値+200or幻球水+4.0 、虹宝箱×1+金宝箱×2、スタンプ8
 入賞(2〜50位):経験値+150or幻球水+3.0 、金宝箱×2、スタンプ6
 入賞(51位以下):経験値+100or幻球水+2.0 、金宝箱×2、スタンプ4
 入選:経験値+50or幻球水+1.0、金宝箱×1、スタンプ3
 予選通過:経験値+25or幻球水+0.5、銀宝箱×1、スタンプ2
 参加賞:銀宝箱×1、スタンプ1

(決勝)
 優勝:経験値+400or幻球水+8.0、虹宝箱×3、スタンプ20
 入賞(2〜50位):経験値+300or幻球水+6.0 、虹宝箱×1+金宝箱×2、スタンプ12
 入賞(51位以下):経験値+200or幻球水+4.0 、虹宝箱×1+金宝箱×2、スタンプ12
 入選:経験値+100or幻球水+2.0 、金宝箱×2、スタンプ6
 MJ賞:経験値+50or幻球水+1.0 、金宝箱×1、スタンプ2
 参加賞:銀宝箱×1、スタンプ1

※スタンプとはイベントに参加する事でたまっていくアイテム引換券のようなもので、一定個数をためる事でメダル・特別アイテムを獲得できる。スタンプが(20の倍数+5・10)個たまると銀メダル5枚、(20の倍数+15)個たまると金メダル1枚、(20の倍数)個たまると100個まではスタンプをためる事でしか手に入らないアイテムが、120個以降は通常の銀宝箱から出て来るアイテムがランダムで入手できる。
 

全国イベントの種類
 MJ4時代に行なわれてきた全国イベントは大きく分けて「全国イベント」というイベントルームで開催される「全国大会」と、通常モードでも参加できる「コンテスト」に分けられる。全国大会は更にイベント特性によって細かく分けられる。ここではMJ5EVOでも仕組みが変わらないという前提の上で、それぞれについて解説を加えるが、現在のMJ5EVOでは全国大会系のイベントのみが開催されている。

【全国大会】
 全国大会は、「全国イベント」ルームで連続した一定数の試合の合計スコアを競うもの。全国大会を更に細かく分けると以下のようになる。
 参加賞条件は、全て「規定試合数消化」になっている。

(通常の全国大会)
 全国イベントの基本になる大会。普段開催される全国大会は「第??回〜」という、開催回数のナンバリングだけがされた大会だが、時々特別な主催団体・企業などがつく「冠付き全国大会」も開催される。MJ4時代の実績はアニメ「咲-Saki-」放映に合わせて開催された「咲-Saki-CUP」、雑誌「近代麻雀」が主催母体となって開催された「近代麻雀CUP」など。MJ5では「第3回近代麻雀CUP」・「第3回咲-Saki-CUP」・「MJ5 PDブックCUP」が開催された。参加資格は特になく、カードを使ったプレイヤーであればイベントルームに入って参加する事ができる。イベントルームでは通常段位のプレイヤーは経験値が変動し、上級段位者は幻球争奪戦は起きず、幻球変動戦だけになる。
 ルールは基本的にMJルール東風戦で開催されるが、三人打ちルール・割れ目ルール(牌山を開けたプレイヤーが割れ目で上がり点・ツモられ点・振り込み点が2倍。オープンリーチなし)・インフレルール(割れ目ルール+局開始時にドラを2枚開く)など、それ以外の特殊なルールで開催される大会もある。これは新シリーズ稼働後など、新ルールのモードが稼動した後に多い。開催形式も予選・決勝の2段階選抜のものもあれば、決勝のみの一発勝負の大会もある。予選・決勝に分かれている大会の場合、予選は基本的に地域別に開催され、その場合のマッチングはそれぞれの地域別に行なわれる。また、予選・決勝でそれぞれ特典がもらえる(決勝は予選の2倍程度の報酬がある)。
 更に、MJ5Ver.Bに入り、四人打ちと三人打ちのルールを同時開催するようになった。この場合、イベント報酬は2つのルールに両方参加すればその分だけもらう事ができるので、時間と腕に自信があれば両方参加しておきたい。
 規定試合数は多くの全国大会で8試合。2ルール同時開催時に両方参加しているの場合、それぞれで8試合が必要。参加記録は、規定試合数を達成して初めてランキング・通過判定対象になる。規定試合が8試合の場合、最初の試合で7連勝をしても、8試合目をプレイしなければランキングの対象にならず、イベントに参加した事にならない。規定試合数以上をプレイした場合、最新の連続した規定試合数と同じ数の試合の合計スコアが自己ベストを上回ると記録更新になる。

(Rバトル)
 MJ5Ver.Bになって初めて開催された新タイプのイベント。基本的には5時間程度(19〜24時)のみ開かれる短期決戦のイベント。時間が短いため、規定試合数も4試合と少なめ。ただし、第3回のみ土日に開催された事もあり、13〜24時と比較的開催時間が長かった。
 Rバトルには2つの部門がある。レーティングが1800以上のプレイヤー向けの「R1800以上部門」、それ未満のプレイヤー向けの「R1800未満部門」に分かれ、イベントエントリー時のレーティング値によって自動的に振り分けられる。なお、肩書きは「R1800以上部門」でのみ獲得でき、報酬も「R1800以上部門」の方が大きい。しかし当然ながら相手も強敵揃いになる。
 このイベントは全国大会系と異なり、イベント中も幻球変動戦・争奪戦が発生する。また、レーティングも変動するが、これによってエントリーの境目である1800を越しても(あるいは1800を割っても)、そのイベント中は参加部門が変わる事はない。
 競う記録は他の全国大会と異なり、「4試合以上の全試合のスコアの合計の自己ベスト」。MJ4まで存在していた幻球バトルと同様、1試合ごとに成績が上下する。しかし一番合計スコアが高くなった「瞬間風速」が自己ベストとして残るので、「どこまでプレイするか」は深く考える必要がなくなった。

(対決イベント・イベントミッション)
 MJ.NET有料版加入者を対象に、時々「対決イベント」が同時開催される事がある。これはある特定のゲスト・プロの個人・団体と自分の成績を競い、勝利を目指すというもの。ゲスト・プロは決勝だけ参加し、対決の対象は決勝の記録になる為予選通過が必須となるが、対決で見事勝利すると限定アイテムを獲得できる。
 また、MJ5Ver.Bからは「イベントミッション」が開催される事がある。これは、イベント参加中に特別な条件を達成する事で特別アイテムを獲得できるもので、現在のところ、以下のようなミッションが与えられた事がある。どのイベントも2ルール同時開催だが、どちらのルールで達成してもアイテムが獲得できる。
  ・第4回咲-Saki-CUP:予選・決勝のいずれかで嶺上開花・槍槓・海底摸月・河底撈魚のいずれかを上がる
  ・第28回全国大会:予選・決勝のいずれかでカードを抜かずに4連勝する
  ・第30回全国大会:予選・決勝のいずれかで最近8試合のスコアを全て+0.1以上にする
  ・第1回神無月大会:カードを抜かずに4連勝する
  ・第31回全国大会:予選・決勝のいずれかで最近8試合のスコアを全て+0.1以上にする
  ・第32回全国大会:予選・決勝のいずれかでカードを抜かずに4連勝する

(MJオープン)※MJ5以降は開催実績無し
 プロアマ混合戦という位置付けのイベント。1日限りの予選を勝ち抜いた者+プロ雀士+その月のMJ.NET認定雀士で1日限りの決勝(5時間)を戦う特別なイベント。規定試合数は予選・決勝共に6試合。イベントルームでは通常段位のプレイヤーは経験値が変動し、幻球争奪戦は起きず、幻球変動戦だけになる。
 予選は参加資格が6段以上に設定されたAブロックと、カードを持っていれば誰でも参加できるBブロックに分かれる。Aブロックで予選通過できなかったプレイヤーはBブロックでもう一度チャレンジできるが、予選通過枠はどちらもそれぞれ200名程度と非常に狭き門となる。
 予選通過が厳しい分普通のイベントよりも通過特典が良くなっており、決勝ではプロ雀士とマッチングし、その試合でプロ雀士よりも上の順位に立つと、その時点でスタンプを1つ獲得できる。2人以上のプロ雀士と同時にマッチングして同時に撃破した時のスタンプの数の扱いは1個か複数個か不明。また、決勝で上位20名に入ると入賞となり次回のMJオープン決勝に参加できる「MJオープンシード権」を、入選以上でプロリーグ参加権を獲得できる。

【コンテスト】※MJ5以降は開催実績無し
 コンテストは全国大会とは異なり、イベントルームは開放されない。「公式モード」(段位別戦・レギュラーリーグ・プロリーグ)にエントリーすると自動的にイベントに参加する事になる。カードを使ったプレイヤーが公式モードにエントリーするだけで参加する事になるこのイベントは、手軽にエントリーできる(というより、知らずにエントリーさせられる、とも)ので参加者数が多くなるのが特徴。途中でモード(段位別戦→リーグ戦など)を変えても記録は継続される。
 MJ5の現在では、コンテスト系で開催されたイベントはまだない。MJ4EVO時代に開催されたのが以下の1つだけ。このイベントも、店舗内イベントで似たようなものが登場した為、開催は厳しいかもしれない。

ディフェンスコンテスト:
 「ディフェンスポイント(DP)」を何局維持していられるかを競う。
  DPは最初に20000ポイント与えられ、相手にツモられる、自分が振り込む、流局しノーテン罰符を払う、のいずれかで失点分のDPを失う。これが0になったところが自己記録となる。再チャレンジは次の試合から可能。
 参加賞条件は、「自己ベスト10局達成」となっている。
 

(過去に開かれた事があるイベント)
 MJシリーズは長い歴史があり、その中で様々なイベントが行なわれてきた。ここで豆知識的にまとめてみた。

[MJ1]:入賞すると特別アイテムがもらえた(MJ2以降に引き継ぎ不可)。
 リーチ一発コンテスト:一定期間中にリーチ一発で上がった回数を競うコンテスト。
    ドラコンテスト:一定期間中に上がった時に使ったドラの枚数を競うコンテスト。
    倍満コンテスト:一定期間中に倍満以上を上がった回数を競うコンテスト。
   スコアコンテスト:規定試合中に稼いだスコアを競うコンテスト。現在の全国大会に近いが、現在と違って8試合単位で明確に区切られていて、9試合目からは別のセットとして扱われ、そこから計8試合の成績が以前のセットよりも良い成績ならば自己ベストになっていた。
      サバイバル:最初に5つの雀宝を支給され、対戦者同志で奪い合うイベント。
            1位が3・4位から一定割合(対象者のうち、所持雀宝が少ない方の何分の1か。1未満は1に切り上げ)の雀宝を奪う。
            期間中は雀宝を持つプレイヤーと持たないプレイヤーが別々にマッチングされた。
            如何に多く所持しているプレイヤーから奪うかが鍵で、雀宝を多く奪われないようにする為に所持数が少ないプレイヤーに差し込んで
            取られる数を軽減するなどの戦略もあった。
     ミニ全国大会:数時間の予選中に規定条件(2連勝、あるいは1位3回や累計スコア+50)を満たしたプレイヤーで同日の数時間後に開かれる決勝を戦うイベント。
      ライセンス:10段以上のプレイヤーが参加可能なイベント。
            10段以上限定のマッチングが行なわれ、同クラスのプレイヤー間で成績を競い、上位の数割が1つ上の上級段位に昇格し、下位の数割が1つ下の段位に降格。
            上位・下位の数割が段位変動するというシステムは、MJ2以降のリーグ戦に繋がっている。
ディフェンスコンテスト:20000ポイントのディフェンスポイントを何局守れるかを競う。現在のルールと同じ。

[MJ2]:好成績でスタンプが多くもらえた。トライアスロンでは入賞時アイテムがもらえた。
    ドラコンテスト:一定局数のうちに上がった時に使ったドラの枚数を競うコンテスト。
            局数で区切られているので、試合中でも規定局数が終わる事があり、その後の同試合中の獲得枚数はカウントされない。
     チップバトル:一定局数のうちに上がった時に獲得したチップの枚数を競うコンテスト。チップは赤ドラ(現在と違い面前のみ)、裏ドラ、リーチ一発で獲得できる。
            局数で区切られているので、試合中でも規定局数が終わる事があり、その後の同試合中の増減枚数はカウントされない。
            初期所持数は10枚で、足りない分、あるいは規定局数が経過したプレイヤーの分は場から貰う。
            規定局数が終わった次の試合から再スタートする場合、10枚に戻る。
ディフェンスコンテスト:20000ポイントのDPを何局守れるかを競う。
            現在のルールと違い、ツモられた時の減少が最大2000。また、試合の順位により回復・減少がある
            (1位+3000、3位−2000、4位−4000で半荘戦時2倍)。
    評価コンテスト:一定局数で獲得した評価ポイントの数を競うコンテスト。
            局数で区切られているので、試合中でも規定局数が終わる事があり、その後の同試合中の獲得評価ポイント数はカウントされない。
            評価ポイントを獲得した試合で勝利すると獲得数の2倍、2位になると獲得数と同数のボーナスポイントがある。
            現在と違って上がった時に評価ポイントは獲得できなかったので、勝利と評価獲得を両立するのは大変。
    トライアスロン:MJ.NET加入者限定イベント。連続開催予定の特定の3コンテストが指定され、それぞれのポイントを偏差値化して累積。その値を競う。
            優勝・入賞により特別なアイテムが獲得できたが開催実績は1回だけ。
    倍満コンテスト:MJ1と同じルール。
     ミニ全国大会:概要はMJ1と同じ。決勝に時間制限ルール(MJルール東風戦だが対局中に8分が経過した場合、その局で終了)が採用され、
            時間内に獲得したスコアで競うパターンもあった。
      サバイバル:MJ1と同じルール。ただしこちらは半荘でも開催された事がある(奪う比率が東風戦よりも大きい)。
       全国大会:現在のルールに近いが、こちらは規定試合数以下でも記録累積を諦めて次の試合がセット1試合目としてカウントできる「リセット」機能があった。
            特別ルールは割れ目ルール(オープンリーチあり)・
            デフレルール(赤ドラ・一発・裏ドラ・カンドラ・カン裏ドラ無し、30符4飜・60符3飜は7700・11600)。
            特別な予選パターンとしては「各地域上位1000位までが通過」というものがあった。
      幻球バトル:運用ルールはMJ4とほぼ同じ。ただし規定試合数の概念がなかった。
     チーム対抗戦:MJ.NET上で普段組んでいる「チーム」が単位になり争われる全国大会。段位変動なし。
            予選は規定試合8試合でそれぞれが対戦し、チーム内での上位5人の成績を合計した数値で上位50チームが通過。
            決勝は1日で、通過したチーム全員が獲得した合計スコアで争う。

[MJ3・MJ3EVO]:入選・入賞時に経験値がもらえるようになって来るのはこの辺りから。
       全国大会:運用ルールはMJ5とほぼ同じ。
            特殊ルールは割れ目・デフレ・食いタン無し(食いタンが採用されていない。2飜縛り無し)・三人打ち(現在と違い北が赤ドラ扱い)。
            予選パターンとして地域別予選の他、店舗別予選(各店舗で予選に参加した人たちのうち、上位の人が通過。通過枠は店舗に設置されている
            サテライトの数。マッチングは全国が対象)があった。
ディフェンスコンテスト:運用ルールはMJ2とほぼ同じ。
      MJオープン:運用ルールはMJ4と同じ。
      幻球バトル:運用ルールはMJ4と同じ。
      謎の旅客船:雀荘モード内の特別イベント。
            ルールは割れ目ルール。手持ちのゴールドを10・100・1000Gの中から選んで賭け、勝てば3倍、2位で元返し、3・4位で没収。
            2位以上になると、払い戻し金全額を賭けてさらなる倍増を狙う事ができる。
            払い戻しリミットが50万Gで、これに到達すると強制的に払い戻し。総払い戻し金額から総賭け金額を引いた収支を競う。
     チーム対抗戦:運用ルールはMJ2と同じ。
       全国選抜:全国で1次予選・2次予選・決勝に分かれて争うイベント。
            4試合以上の合計スコアを争い、1次・2次予選はそれぞれ上位40%が通過し、通過ボーダー+100までの成績を持ち越す。

[MJ4・MJ4EVO]:ほとんどMJ3時代から引き継いでいた。
       全国大会:運用ルールはMJ5とほぼ同じ。
            特殊ルールは三人打ち(現在と違い北がオタ風扱い)、インフレ(割れ目+ドラ表示牌2枚)、
            ガラス牌(同種牌4枚のうち3枚がガラスでできており、相手から透けて見える)。
            予選パターンは地域別予選(各地域ごとにマッチングし、成績も各地域ごとに算出する)があった。
ディフェンスコンテスト:運用ルールはMJ2とほぼ同じ。
      MJオープン:運用ルールは上記の解説の通り。
      幻球バトル:強者以上限定のイベント。
            半日程度(17〜24時)のみ開かれる短期決戦のイベント。時間が短いため、規定試合数も4試合と少な目。
            イベント中も幻球変動戦・争奪戦が発生する為、幻球を全て失って10段に降格してしまった場合はイベントルームから追い出される。
            規定試合数をこなし切れずに追い出された場合、再エントリーは非常に厳しい為、実質的に「記録無し」に終わる。
            競う記録は他の全国大会と異なり、「4試合以上の全試合のスコアの合計」。
            その為、1試合ごとに成績が上下するので、試合の勝利以上に「どこまでプレイするか」も重要なイベント。
 

団体戦について
 団体戦とは、MJ.NET有料会員の特典的なイベント。プレイヤー1〜5人でイベント特別チーム「団体」を組み、それぞれがイベントに参加する。そして団体参加者のうちスコアがプラスの者から上位3名(3名以下なら全員)の成績で団体成績を出し、その成績を団体間で競う。なお、全ての全国イベントで団体戦が開催される訳ではない。決勝のみ、あるいは1日イベントでは団体戦は開催されない。
 団体戦のメリットは、参加する事でゴールド(や、以前はクーポンも)が獲得できる事と、予選・決勝があるイベントでは救済的な予選通過の権利を得られる可能性がある事。個人では予選落ちする成績で終わったものの、団体が予選通過以上の成績を出していると予選通過扱いになり、決勝に参加できる。ただし、この場合は予選通過特典のスタンプ・宝箱・経験値や幻球は獲得できず、ただ決勝への参加権だけもらえる形になる。決勝の規定試合特典や入選特典などは一部を除いて普通にもらえる(50位以上に入ってもランク・優勝肩書きは手に入らず、入賞までの特典しかもらえないようだ)ので、決勝で挽回しよう。
 逆に、規定試合・局数に達しなければ「成績なし」となって特典はもらえない。この場合、団体が予選を通過していても通過特典はもらえず、決勝にも参加できない。決勝に進んだ団体の記録枠を1つ潰す事になってしまうので、規定試合はなんとしてもこなそう。

 団体に参加するには、団体への参加登録をする。団体に参加する方法は3つ。自分で団体を設立し仲間を引き込むか、仲間が作った団体に参加登録をするか、MJ.NETが用意する「おまかせ団体」への参加を申し込む。MJ.NETにカードを2枚登録している場合、それぞれ別にエントリーできる。エントリーすれば、試合の消化はサブカード状態でもMJ.MET未登録状態でもOK。ただし、団体対決・個人対決のアイテムを受け取る場合は「登録した時に使っていたMJ-IDを使っているMJ.NETアカウント」に登録しておかなければならない。
 おまかせ団体のメンバーは無作為で選ばれる、と公式では説明されているが、まず貢献度で組み分けをし、続いておまかせ団体エントリー順に組んでいるような気がする。その為、同じ貢献度のサブカード2枚を両方おまかせ団体にエントリーさせる場合、できれば時間を1日程度空けてエントリーすると違う団体に分配されやすい。逆に、同じ組に入れたい場合は間を空けずにエントリーしよう。どんなプレイヤーと当たるかは当日にならないと分からないので、これを嫌う場合は、例えば「MJ避難所」にある「団体募集スレ」のような募集所?を見ると、自分に合った団体が見つかるかもしれない。合いそうな団体がなければ自分で団体を作り、参加者を募集するのもひとつの手。ただし、このような見知らぬプレイヤーと団体を組む時のマナーとして、最低限、規定試合・規定局数をこなすべきである。

 団体戦の注意点は、特典を得るには必ず規定試合、あるいは規定局数を消化しなければならない、という事。規定試合数・規定局数の条件を達成していない場合、たとえ団体が優勝していても特典はもらえない。どんな成績でもいいので、規定数だけは達成しておこう。これは他の人の団体に入る時は特に重要である。団体の構成枠数は最大で5人分しかないので、入ったにもかかわらず規定数すら消化できないと、その団体は1枠を潰して4人で戦うハンデ戦を強いられるのと同義になってしまう。これでは他の団体メンバーに多大な迷惑になってしまうので、規定数は必ず達成するようにしよう。
 なお、MJ5からはイベントのエントリーについて何回か大きな変更がなされている。MJ4までは一度イベントに参加してしまうと、後から団体にエントリーする事はできなかった。しかしMJ5からはイベントを1試合以上こなした後でも(もちろん規定試合をこなして個人成績が出てからでも)エントリーが可能になった。昔はイベントに参加した結果好成績を出したので、この成績を使って団体でも良い結果を得よう、とは残念ながらいかなったが、MJ5からはこれが通用する。更にはおまかせ団体にも後から入る事ができるようになった。規定試合をこなした結果が良い成績だった場合、どこかの団体に入るか、自分で団体を作り募集をかける、といった感じで団体戦予選の戦いを有利に進める事が可能になる。
 更に追加仕様として、MJ5Ver.Bからは、団体に加入していない状態でイベントの1試合目をプレイしようとすると、イベント概要の最初の画面でおまかせ団体に入る事ができるボタンが表示され、「加入する」をタッチするとおまかせ団体に加入できる。加入を忘れてプレイを始めても、筐体からエントリーできるようになった、という事。
 そしてMJ5EVOからは、MJ.NET未入会でも、団体部門に参加できるようになった。団体に入っていないカードでプレイすると、マッチング中に筐体でおまかせ団体にエントリーできるボタンが表示されるのでそれをタッチ。これでエントリーができる。予選通過などのゴールド報酬も筐体で受け取り、カードに入るようになった。もちろん団体による拾い上げ予選通過、および経験値・宝箱も受けられる。ただし、団体対決・個人対決のアイテムがある場合は、MJ.NET有料会員に入る必要がある。

(団体成績による報酬)
 団体戦による報酬は、個人戦による報酬とは別個に発生する。団体対決・個人対決アイテムに限り、報酬を受け取るにはMJ.NET有料会員に加入している必要があるが、実例は以下の通り。

【予選・決勝の2回開催タイプの全国大会系イベント】(MJ5EVO・第1回新春大会より)
(予選)
 1位:5000G、金宝箱×2、経験値(分配ポイント300+ベース配分50)
 入賞:2000G、金宝箱×1+銀宝箱×1、経験値(分配ポイント200+ベース配分30)
 入選:1000G、銀宝箱×2、経験値(分配ポイント150+ベース配分20)
 予選通過:500G、銀宝箱×1、経験値(分配ポイント100+ベース配分10)

(決勝)
 優勝:30000G、虹宝箱×1+金宝箱×2、経験値(分配ポイント600+ベース配分50)
 入賞:10000G、金宝箱×2、経験値(分配ポイント400+ベース配分30)
 入選:5000G、金宝箱×1+銀宝箱×1、経験値(分配ポイント300+ベース配分20)
 MJ賞:1000G、銀宝箱×1、経験値(分配ポイント200+ベース配分10)

 MJ5Ver.B以前では報酬の宝箱・経験値は存在せず、第32回全国大会まではクーポンが副賞にあり、更に参加賞が存在していた。予選では上から4、3、2、1枚、決勝では10、5、3、2枚。参加賞は予選がクーポン1枚、決勝がクーポン1枚+500Gで、参加賞と上位特典は同時にもらえた。
 また、MJ5EVOからは成績によって経験値も獲得できるようになった。詳しい計算方法は「段位に関するあれこれ 全プレイヤー向け」を参照。

(団体貢献度)
 第31回全国大会から、「貢献度」という数値が追加された。これは団体部門に「おまかせ」でエントリーする際に組み分けの目安に参照される数値で、同じ、または±1の貢献度を持つプレイヤー同士がおまかせ団体で同じ団体に組まれやすくなるようだ。貢献度は四人打ち・三人打ちそれぞれで分かれている。
 貢献度を上げるには、通常の団体戦が行なわれる全国大会で(おまかせ・任意問わず)団体にエントリーした上で、8試合(規定試合数)参加する事で1ポイント、24試合参加する、あるいは入賞の成績を残す事で2ポイント獲得する事ができる。ポイントをもらうには、団体戦があるイベントで団体に所属している必要がある。好成績を出しても団体に加入していなければ貢献度は増えない。団体はおまかせ・任意団体のどちらでも良い。
 貢献度は普段決まった人と団体を組んでいる人にとってはあまり意味がないかもしれないが、そういう人たちでもポイントは貯まっていくので、何かの時に役立つかもしれない。普段おまかせ団体に入っている人たちの場合、今後は自分の貢献度が高くなっていくごとに高い貢献度のプレイヤーと組む機会が増え、良い結果を得やすくなるかもしれない。また、普段団体募集スレなどで募集している人の場合、この貢献度を募集条件にして募集してみるのも良いかもしれない(ただし自動門前払いなどの強制権はない)。
 

ワンポイントアドバイス
 イベントを効率良く進める為のワンポイントアドバイスをまとめてみる。

(共通して)
 イベントの最終結果により、優勝・入賞・入選・MJ賞を獲得する事ができる。優勝はもちろん(タイスコアでない限り)1名だけだが、MJ4EVOを例にとれば、各賞のボーダーは、おおむね予選通過:上位60%(イベント初回プレイ時の説明画面で確認できる)、入賞:上位10%、入選:上位30%、MJ賞:上位50%程度の模様。これは参加人数に対しての割合で、自分の順位が総参加者数に対してこの割合以上に入っていれば報酬獲得(予選通過)となる。
 肝心のボーダーだが、総参加人数に対する「割合」によって各賞の人数が決まる為、過去に同様のイベント(イベントの種類、開催日数)が行なわれている場合、大体同じ程度になる事が多い。過去のイベント結果はMJ5公式ページに掲載されているので、参考にすると良いだろう。また、イベント最終日の終了1時間程度前までは暫定ボーダー(その時点で全てのMJプレイヤーがプレイをやめ、そのままイベント終了したと仮定した時のボーダー)が発表される。Ver.Bでは当初、筐体では1日1回の更新だったが、現在は1時間ごとに自動更新されてプレイ中でも把握できるようになった。MJ5EVOからは団体戦のボーダー・団体構成メンバーの成績も1試合終了ごとに確認できるようになったが、団体戦のボーダー更新は1日1回となっている。
 更にMJ.NETや、公式のトップページから確認できるTwitterアカウント(ユーザー名:@mj_event_news)では1時間ごとのデータが得られる。複数の日にちにまたがり開催されているイベントの場合はボーダーの簡易的な計算ができる。前日の同時間帯のボーダーを把握し、当日のボーダーから増加分を計算。更に当日のボーダーに増加分を足した数値が次の日の同時間帯のボーダーになると推測できる。イベント最終日の4時間前のボーダーを使う場合は最終的なボーダーはそれぞれに+3、2時間前の場合は+2をすれば問題ないはずである。同イベントの過去のボーダーはTwitterアカウントから確認すると分かりやすいだろう。

(通常の全国大会)
 連続した数試合のベスト部分を取る形式になる全国大会は、とにかく勝利をしない事には始まらない。勝利したところがイベントの起点になる、と考えて差し支えない。逆に一度ラスを引いてしまうと、そのラスを消す為には規定試合と同じ数の試合を打たなければならない。よって、「ラスを引かない、1位を取る」という事を念頭に置いた試合運びを求められる。どちらかといえば1位を重視すべきで、また、できる事であれば同じ1位でも獲得点数を高くしたい。例えばトップ目のオーラスでも形・待ちが良ければリーチして点数アップを狙っていく、といった事も必要になってくる。MJルール東風戦・4日程度の決勝の場合、入賞ボーダーは+280(1位6回+4位なし)、入選は+190(1位5回+4位1回以下)、MJ賞は+150(1位4回+4位1回以下)程度を目指すと良いだろう。

(Rバトル)
 全国大会と同じく勝利を目指すのが基本になるが、規定試合数以上の全ての試合の成績の合計が自分の成績になるので、スコアを伸ばす事よりもスコアを落とさない事が非常に重要になる。まだ開催回数が少なく参考データがほとんどない状況だが、ボーダーラインの決め方の関係から、MJ賞はトップ1〜2回分、入選は+トップ2〜3回分、入賞はトップ4回分程度の浮きが必要になるだろう。開催時間が5時間ほどと短い為、最初の4試合でどれだけの成績が出るかも重要で、もしそこで2敗分以上の負け越しを喫した場合、巻き返しには3勝以上が必要になってくる。時間も切迫してくるので非常に苦しい。
 このイベントと似た形式の幻球バトルの場合、優勝を狙わないのであればこの成績に達した時点でイベントから抜ける、という戦略も取られる事があったが、このイベントでは「瞬間風速」が自己ベストとして残り、いくら成績が落ちようとも現在の成績は保証されるので、無理にプレイを止める必要はない。
 また、イベントを消化するにあたって重要なファクターが「幻球争奪戦」。MJ5における全国イベントの中では唯一このイベントだけが幻球争奪戦も発生する。R1800以上部門の場合、ほぼ間違いなく10段以上のプレイヤーしかエントリーしてこないと思って良いので、者・王クラスの場合はほぼ毎回、龍・神クラスなら2回に1回、雀クラス以上なら3〜4回に1回は発生すると思っていた方が良いだろう。
 争奪戦が発生した場合、「イベントのスコア」を重視するか、「争奪戦の成果」を重視するか、あらかじめどちらかを決めておいて中途半端な打ち方にならないようにしたい。もちろん1位を取れれば両得になるのだが、実際は取れない事の方が圧倒的に多い。あるいは、1位を取るには前に出る必要があるが出て振り込むと争奪戦相手に負けそう、という時に攻めるかどうか。1位だが争奪戦に関係ない相手に差し込むと幻球を獲得できる代わりに順位が落ちる、という時に振り込みにいくかいかないか。その他、どちらを重視するかで選択が変わってくるシーンが多々あるので、このようなシーンで迷わない為にも方針は決めておこう。


Tips表紙へ戻る