ブレスオブファイア2 狩りデータ・攻略

 このコンテンツでは、ブレス2の「狩り」を攻略しています。ちょっとしたポイントの解説が主です。

1.狩りができるキャラ
 狩りができるキャラはボッシュ、リンプー、ディースの3人です。それぞれの個人アクションを利用します。ボッシュはボウガン、リンプーは棒、ディースは魔法を使って狩りをします。3人とも性質が異なります。

 まずボッシュ。ボウガンを使うので、遠くの動物にダメージを与える事ができます。ボタンを押しっぱなしにすることで構えを継続し、離すことで撃ちます。しかし連射ができないため、追い打ちをかけにくい性質があります。下手に画面端の方でダメージを与えると、そのまま逃げられてしまう事もままあります。
 次にリンプー。棒で殴るという行動の性質上、動物に近付かなければダメージを与えられません。しかし攻撃の回数を多くできるので、一度ダメージを与えたあとは、ボタンを連打すれば追い打ちがほぼ確実に入ります。
 最後にディース。このお方(笑)は「狩りができる」というべきではないかもしれません。魔法を使って狩り場を炎で包み、動物を焼き尽くしてしまいます。焼かれた動物は種類を問わず「おこげ」になってしまいます(ガンヘッドは消滅するのみ)。

 そして、ボッシュは究極合体中でも狩りができます。究極合体中は射程が1キャラ分伸び、弾の速度も早くなります。しかし、リンプーは究極合体をすると「棒殴り」ができなくなるため、狩りもできなくなることに注意しましょう。

2.狩り場の動物データ
 狩り場の動物は、ストーリー進行度(≒地域)によってある程度変化します。後半になるに従って下の方の動物が出現しやすくなります。共同体の「アズサ」に教えてもらう狩り場では鳥を含めた全ての動物が出現します。
 「HP」は、ボッシュ・リンプーの1回の攻撃を1ポイントとして、何ポイントダメージを与えれば倒せるかを表わしたものです。
 「取れるアイテム」は、倒してすぐに取れば一番左のものが手に入り、時間を置くごとに取れるアイテムが右にずれていき、消える寸前で取ると一番右のものが手に入ります。ただし、ディースが倒した場合は、いつ取っても「おこげ」になります。
 
動物の外見 HP 取れるアイテム 備考
イノシシ ロース きも すじ肉 標準的なタイプ
シカ ロース 軟骨 すじ肉 臆病で逃げ足が早い
ガンヘッド ・アイテムに触ると消滅させる。
 これを狙い、アイテムがあるとアイテムに向かう
・ダメージを与えると突進してくる
・プレイヤーに向かって移動してくる
・倒しても再び出現する
クマ サーロイン ロース きも すじ肉 ダメージを与えると突進してくる
鶏肉 軟骨 すじ肉 狩りの途中でときどき出現(下参照)

 この中ではガンヘッドが特殊で、完全な「お邪魔キャラ」という位置づけになっています。ガンヘッド・クマ(ぐりずりー)は触れると戦闘になります。どちらの敵も強さは全然大したことはありませんが、狩りを終了させられてしまいます。注意しましょう。
 

3.狩りのポイント
 狩り場のフィールドには4つのタイプがあります。狩りに入る時にランダムで決められますが、フィールドの形によって難易度が大きく異なります。そのタイプ別にポイントを解説したいと思います。
 また、GBA版では画面の範囲が1画面よりも少し大きくなっている事にも注意した方が良いでしょう。「画面中央」がどの辺りかが分かりにくくなっています。プレイヤーのスタート位置が画面横中央です

A草原風で、茂みが多く、歩ける部分が少なくなっているタイプ
 一番難易度が高いと思われるフィールドです。動ける部分が少ない上に、直線の部分も少なく、ボッシュの弓矢は効果が薄くなってしまいます。しかも、動物は茂みに自由に入れ、茂みの中にいる動物には、攻撃が当たってもダメージになりません(その代わり、上下左右に並んでも気付かれません)。このタイプに当たったら、リンプーがいない時は狩りを諦めても良いかもしれません。リンプーがいれば、茂みから出てくるのを待ち伏せしていれば高確率でしとめられます。

B草原風で、茂みでジグザグな道の形になっているタイプ
 Aよりは動ける部分が多いので少し楽ですが、難易度は高めです。ボッシュの弓矢は茂みの先にいる動物にも当たりますが、問題は茂みの先の動物を倒した時。場合によってはぐるっと遠回りしないと回収できない事があります。

C森の中で、木が規則正しく並んでいるタイプ
 多分このタイプが一番簡単でしょう。ほぼ画面全てが行動範囲になります。動物を画面真ん中に追い込むように狩りをすればかなり良い成果が得られるでしょう。

D森の中で、画面真ん中に空間が固まっているタイプ
 難易度はCとあまり変わりません。動く範囲がコンパクトになり、木をカベに見立てて追い詰めることもできるようになった分、こちらの方がやりやすいかもしれません。ポイントもほとんど変化なしです。

 どの動物も、プレイヤーがある程度の近さで上下左右に並ぶと反応して、プレイヤーと反対方向に逃げてしまいます。しかし上下左右に並ばない限りは反応しないので、できるだけ斜めから近付くように心掛けましょう。また、ボッシュの場合、自分と動物の間に岩を挟んで狙うのも有効です。
 では、狩りをするのに楽なのはボッシュ・リンプーのどちらでしょうか。リンプーでは動物に近付かなければならず、慣れるまでが少し大変かもしれません。しかし一度ダメージを与えたらボタンを連打すれば大抵倒す事ができます(ガンヘッド・クマはただ連打しているだけではダメで、攻撃のテンポを若干遅らせる必要があります。これは慣れるしかありません)。ボッシュは遠くからダメージを与える事ができますが、追い打ちをかけるのが意外と大変で、1回ダメージを与えたら逃がしてしまう事が多くなりがちです。画面端から真ん中へ追い込むようなやり方を身につける必要があるでしょう。個人の志向もありますが、リンプーの方が少し楽なのではないでしょうか。なお、ボッシュの攻撃の有効範囲は、ボッシュの正面だけではありません。なぜか左右に向けて弓を放つ時に限り、1キャラ分上の動物にも当たります。これは頭に入れておく必要があるでしょう。
 ただし、鳥だけはボッシュでないとほぼ不可能です。これについてはLONさんが情報を提供して下さいました。次にそれを掲載します。情報提供に感謝御礼申し上げます。

4.鳥を簡単にやっつける方法
 まず、鳥が出現する条件です。まず狩りのフィールドで獲物を倒してアイテムを出す(倒し方・倒す獲物は何でも良いが、アイテムにならないガンヘッドでは不可能)と、一定の確率でやってきます。
 鳥が出てくるときの動きには法則があり、画面真ん中を中心とした直線上の上下左右のいずれから出現し、必ず中央を直線的に通ったあと、ランダムに画面中を飛び回ります。
 つまり、獲物を倒した後、それらの出したアイテムには目もくれず、画面中央で鳥を待ちかまえればいいのです(ただし画面中央に茂みのないフィールドC・Dに限る)。
 更に具体的な方法は、まずメンバーにディースとボッシュを入れます。そしてディースを先頭にし、ボッシュをLかRボタン一発で呼び出せるようにします。茂みのないフィールドC・Dに入って獲物を発見したら、画面中央から一歩右下(もしくは左下)から左(右)を向いて魔法を発動します。そうしたらすぐさま先頭をボッシュに代えて、ボウガンで鳥を待ち構えます。あとは鳥が出て来た所に、タイミングよく弾を発射すれば実に簡単にやっつける事ができます。
 これをやる時は、ゲイト村から左へ行った所の広い場所、またはアズサに連れていってもらう狩り場がお薦めです。


ブレス表紙へ戻る